前回のあらすじ(笑)

抗がん剤治療が開始されるが一人で歩行が無理なぐらいに
貧血でフラフラのやつをどうやって病院に連れて行くか。

仕事がある自分たちに毎週会社休んでは無理だったので、
田舎に引っ込んでたオトンを召喚しました…の続き(笑)



スポンサードリンク


父と母が県病院に。

詳しい検査結果は次回に出るとして、その日に分かった事は以前も書いた
ガンは皮膚ではなく乳がんで、肺とリンパに転移しているという事実だ。


高額医療になるのでその申請書の提出を求められた。
母は妹の扶養に入っているのでその条件下の手続きになるらしい。


日本の医療保険のお約束で高額医療に対しては上限があり、
それ以上の負担になる時には国が払ってくれるという。

毎月保険料払っているからか…ありがたい。


ちなみに高額医療の申請に関しては大きく二種類あるらしい。
昔は一個だけだったらしいけどね。

本来は最初は自分で全額支払って後で戻ってくるパターン。
昔はこのパターンしかなかった。

今はもう一つあって、その月から対象になるらしい。


いくら後で帰ってきてもしょっぱなから25万超えで支払いは
本当にしんどいし目が遠くなる…。


まあそれでも自己負担額の8万は払ってるんですが。
それを毎月3人で割って負担するという方向に。


なんで自分勝手に家のお金を使い込んだ横領犯の面倒を
自腹ってるのか時々今も首をかしげるのですが…(-_-;)

考えると腹が立つのでやめてます。


高額医療の詳しい話は専門のサイトとかあるのでそちらを。
また聞きなので間違ってたら困るし。


とりあえずしばらくは全額自腹になるし、
戻ってくるといっても結局は月に最大8万は必要なので。


ガン保険・・・入ってた方がいいですヨ


ちなみにオカンは入ってなかった。
60台手前に急に気になってこっちに話を振ってきたので


そもそも保険に入ってなかったという事実に
この人の頭大丈夫かしらと首を傾げつつ

自分が入ってた保険屋を紹介しましたが。
ちなみに私はその保険屋はやめてしまいましたwww

5年ごとの更新型でえらい金額になるプランだったらしいので
結婚して子供がいる大黒柱ならともかくこんな保証は

必要ないんじゃない?


という提案を新しい保険屋に言われるまでただ
会社に入って流されるままに保険に入っていたので。

なんかものっそい損した気分でした(笑)
保険料の見直しも大事ですぞwww


口だけで一向に顔を出さない住友生命はぶった切り、
担当者が苦労性で面白いJAにしました。

兄弟みんなそれぞれ働いているので大黒柱じゃないし。
自分だけの為の保険で十分でした。


それはともかく。
オカンは年齢が年齢だったのでろくな保険に入れなくて、
唯一入れたそのプランだったのですが、がんの保証はないんで。


全て私たち兄弟が被ります


ああ、もうこの話すると腹ただしいのだけが残るので
聞く方も面白くないしこの辺で。


高額医療云々は自分でも多少は調べていましたが、
治療を受けた県病院側からその話が出ましたので、

例えばネットに疎くても大丈夫かと。
あとは役所だ何だで必要書類をかき集める。


その辺の収支は妹様が全部引き受けてくれてるので
(私と弟様はその辺の生活観念が薄い)

気になったら聞いて調べてまとめようと思います。
まあその場合は別のブログに書くかもしれませんが(笑)


ここだとジャンルごっちゃまぜなのでわかりにくいですしね(;’∀’)
私のたわごとしかないしww


とりあえず声を大にして言おう
ガン保険入っておけwww


ガン保険に入ってなかったので高額医療の申請一択でしたが、
保険に入ってると高額医療使わない方がいい場合もある・・・らしい?

将来の為今度調べてみようかな