メシマズ狂想曲という本を読んだ感想文です。

普通にネタバレありなので注意してください。
このメシマズ狂想曲を一言で言うなら・・・

この人、最強の鈍感キングや・・・( ゚д゚)ポカーン

ですかね(笑)





メシマズ狂想曲とは?

メシマズ狂想曲とは居酒屋ぼったくりと同じ作者さんが書かれた
ライトノベル・・・になるんですかね・・・。

小説というにはライトですし。
読みやすいのでこのシリーズは元々活字を好まない私の

非常なリハビリ担当になってます(;´Д`)


もうこの作品を一言で言い表すなら・・・


「なんだこの鈍ちん野朗(女性だが)」


って感じ?(笑)
やーもうなんていうか、最初から最後までそれしかない。

それしかないんだよ、お嬢さん!!!
あ、私より年下なのでお嬢さん呼びです←不要な情報


愛読書の居酒屋ぼったくりと違ってこれは一冊読みきりです。
さらっと読めるのでさらっと読んでしまいました・・・!

買ってちょっとだけと思ったら・・・その日のうちに
読みきってしまう罠・・・!!!

なんて恐ろしい。
というか、なんて我慢のきかない子なんだσ(`ε´) オレ


と、思いました(笑)
なんていうか・・・主人公の行く末が心配すぎて( ゚,_・・゚)ブブブッ


最初読み進めているうちは気づかなかったのです。
なにせ私も鈍ちん野朗(一応性別女だと思いますが)の自信があるので。


いわゆる物語の伏線とか作者が拾って欲しい情報を
まるっと拾わず突っ走ってしまう事もしばし。

そんな私ですが。
アレェ・・・?


主人公・・・実はモテてないか?と。


気のせいかなぁ・・・と思ったんですけどね。

主人公の滝田和紗さんは34歳の独身でバリバリの
キャリアウーマンの・・・本人曰く女性の幸せをつかみ損ねた・・・


いや、攫みたくないわけでもないし、
一緒に攫みたいと思う相手もいるわけですが・・・。

あまりの己の女子力の低さに七転八倒

もう地獄車のいきおいでゴロゴロと転がっていく毎日。


それもこれも。
劣等感をゴリゴリと刺激される社内随一のできる男!

営業のライバルである村越の存在のせい!!!



あれに関わらず平穏無事に生きていきたい。
過度な労働と過度なストレスで34歳の体はメタボ直前!


このままではまずいと始めた料理になぜかその
ライバルが絡んできた!

しかもそのライバルを好きな後輩の可愛い子ちゃんと、
彼女を好きな後輩男子までメンドクサイ4角関係!!


・・・ん?
イヤイヤ、違うな。

正確には・・・5角関係なのではないだろうか?
これはラストのほうで発覚する事実なんだけれども。

うわー、めんどくさい・・・(笑)


私だったらごめんだな( ー`дー´)キリッ



そんな面倒くさいご関係の彼と彼女と仲間たち。
一体どこに向かっているのか!?

うん、たいていは面倒だから知りたくないわ(笑)



気がつけば反発し言い合いになりあげくケンカになる
2人だけれど・・・メシマズを脱したいという気持ちで一致した

2人の行く末は?



ひそかに思っていた課長との関係は?

ライバルのあの男との容赦ない言い合いが実は
自分にとってかけがえのない時間だった・・・?


それに気づいた時の彼女の絶望感。
そっち行くかm9っ`Д´) ビシッ!!


後ろ向きな和紗さんはどこまでもどこまでも
明後日の方に突っ走っていくのですね・・・_| ̄|○


作者の思惑もたまにスルーする私でも、
これはあからさまなアピールではないだろうか?


と、思っていた(そして間違ってない)わけですが。
最後の最後まで全く持って自分から気づかないあたりが


鉄壁の鈍ちん野朗(もちろん女性だけど)で決定ですな。




まあ、実際に。

いわゆる行き遅れた感満載の女性が実はあちこちから
思われていたなんて事は・・・漫画や小説だからある事で。

現実はたいていはお一人様なのはそうなる理由があるわけで。



んなわけないじゃん( ´Д`)=3 フゥ


と、遠い目で突っ込みつつ。
それでもなんとか素直になった主人公にほっと・・・


しなかったわ(笑)
だめだ、こいつら。


どっちもどっちだけど・・・多分このままの2人だわ(笑)
まあそれでいいと本人が楽しそうなので(多分)

いいのかもしれないが。


実は主人公とその相手の彼よりも、主人公の上司の方が
いいと思うけどなーと思ったのはここだけの話で。

むしろそっちオススメするね!
村越は・・・うん、ないない(笑)


あと最後の方に出張ってきた後輩君と後輩ちゃんが
添え物にしては出張りすぎでうざいよ、きみたち。

と、思ったのもここだけの話(笑)
特に女のほう(;´Д`)


あざとさも度を過ぎれば(・∀・)カエレ!!ってなるよ?
うふふふふふふふ(´∀`)


そんな話(笑)





この作品はアマゾンにも電子書籍があるようですが。
同じ作者の居酒屋ぼったくりは電子書籍化されてないんです。


同じ電子書籍を買うならシリーズは同じアプリで
さくさくっと読みたいなと思うので。


この本も同じ作者の作品が多く電子書籍化されている
「紀伊国屋」さんで買いました!

もちろん読みたいものが全部あるわけではないのですが。
あれこれ探した結果一番多く電子書籍化されているのが


ここなので。


どこでもありそうなのは他のアプリに任せるとして、
アルファポリスさんの作品は紀伊国屋さんのお世話になるかな。


なので他の作品もどしどし電子書籍化お願いします。
詐騎士も本編を電子書籍化して欲しいです(笑)

そんな祈りを電子の海の端から送りつつ。


まあ作品としてならこのメシマズより居酒屋ぼったくりが
おすすめですけどね(笑)