好きだと言ってほしいからを読んだ感想【ネタバレあり】

ライトノベル好きだと言ってほしいから」を読んだ感想です。
ネタバレありますので注意してください。

その他の咲月ミオのチェックしている本一覧はこちら

咲月ミオの読んだ本・持ってる本・気になってる本の記録。
感想を書いてるものはリンクを貼ってあります。

 ⇒咲月図書目録 ※別窓開きます

ん?んんん?んー?

まず主人公は大学時代に知り合ったヒーローに一目ぼれした。
結局何も言えず相手は卒業し、就職先を追いかけて告白。

受け入れられて付き合い始めて2年目が物語のスタート。
穏やかで優しいいい人を絵にかいたような人。

いるか、そんなの(笑)

と心で突っ込みつつ…まあお話だからいなくもないか。
なんて思いながら進めていくと…あー、うん。

主人公の思い込みや(笑)

好きで好きで大好きで追いかけて無理だと思っていたのに
思いがけずに受け入れられて。

嬉しくてうれしくてうれしくて。
それは良かったけど、2年間彼氏彼女というよりは・・・

どこまでもあこがれの人のまんまだった感じだなぁ…。

付き合ってるのにその自信がなくていつまでも憧れで
自信がないから相手の事考えているようでいて・・・

嫌われるかも迷惑かけるかもなんてことばかり気になって。
一緒にいても楽しめない。

その時は嬉しいけど緊張ばかりで落ち着かない。
もちろん恋愛にはそういう適度な緊張感も必要かと。

慣れると飽きるから(笑)
必要だけど、必要以上の緊張感は疲れちゃうと思う。

今一歩踏み込めなかった主人公ちゃんはもうあれこれ
考えて考えすぎて突っ走ってしまって、自己完結。

ああ、相手が優しすぎたから自分を受け入れてくれたんだ。
同情だったんだなって。

そっち行ったwwwって感じの。

えー?そうなの?と読者目線で物語追いかけながら、
この主人公の彼氏さんは何考えているのかなーと

主人公視点だから当たり前だけど相手が何考えてるのか
描かれる主人公の心情がそもそもネガティブなので(笑)

もしそうならΩ\ζ°)チーンって感じ。
と思っていたけども。

(-ω-;)ウーン
君…相手の事決めつけすぎじゃないかい?

と思いつつ。

彼氏彼女と言いながら二人の立ち位置ははるか上に彼氏。
遥か下に自分が立って、相手が自分から離れないように

ただハラハラしながら過ごしてる。
同等じゃないんだなぁ…(;゚Д゚)

そりゃいつか破綻するわ。
そして本当に破綻して二人は壊れかけてしまったわけで。

ですよね、そう思ってた。
そもそも2年よく続いたね。

とか思ったんだけど。

その理由は・・・彼氏も彼女が大好きだったので(笑)
それに尽きるな。

大学時代に一目ぼれした彼女。
でもそれ実は彼氏もだった(笑)

この似た者同士が(笑)みたいな。

同じ瞬間に恋に落ちてお互いがどうにか近づきたいと
思いつつ何もできずに卒業で離れて。

そのままになるところを彼女が決心して同じ会社に就職。
動機としては不純かもしれないけどそれもまた一つの選択です。

きっかけ云々はともかくその後頑張るかどうかが肝心。
頑張ってるならいいんじゃないかな、希望動機なんて。

で、思い切って告白してお互いが浮かれたのになんでああなる。

彼女は彼女で勝手に彼が遠いと思ってたけど、
彼は彼でいつまでたっても自分のそばで緊張し続ける
彼女をどうしたらいいのか考えあぐねていた。

お互いが平行のまま彼の海外移動がきっかけで壊れた。
ですよね、ええ。

まあそれでも彼も彼女も動けずにそのままどーするの?
みたいな感じになってましたけど。

動くきっかけ…半端な物じゃ動けなかったので、
そこに投入されたのが昔の友人の彼。

彼が自分がもらうから宣言をしたからこそようやく動いた。
切羽詰まったからこそ本音が出た。

そこまでされないと出せなかった本当の事。
彼女が2年前からずっとずっと欲しかった言葉。

彼女を好きだという気持ち。
言ってなかったんかーい(笑)みたいな_| ̄|○

そう、この男は口にしてなかったのです。
大事にはしてたけど、彼女が好きとは一度も言ってない。

それもまた彼女の不安をあおったんですねぇ…
ちなみに彼女の遠慮が彼の不安をあおったんですが(笑)

この似た者カップルはどついていいですかね?
(´∀`*)ウフフ

ちなみに主人公は母親をすでに亡くしていて、
父親と二人暮らしで家事を全部やってます。

それも彼が気を使った理由の一つ。
絶対に泊まらせないで時間になったら送り届ける。

でもそれは決して主人公が不安に思う事なんて欠片もなく
そりゃ男としては彼女の父親に良い印象が欲しいじゃん(笑)

それだけだったんですけどねwww
だよねー(笑)

で、海外移動の話が出た時はほんとは彼は彼女にそのまま
ついてきて欲しかったんだと思う。

でも彼女には父親のお世話があったから。
だからあのセリフがあるんだな。

父親と一緒にいたいんだよね、と。
でも彼女はそれに気づかなくて。

別れる理由にされたと思ったんだろうな。
敗因はお互いの遠慮か、そうか。

腹を割って話し合う必要がある案件なのに、それすらなしで
壊れかけたとこを友人の後押しで惜し留まった。

つーかσ(゚∀゚ )オレあの友人は主人公が好きだったんだと
ずっと思ってたんだけど?

最初に仲間で集まった時にそんな感じのセリフがあったし。
思わせぶりなとこもあったけど完全に友人としてだったのか。

途中で諦めてもう一人の友人に行ったのか。
どっちだろう?

その辺の謎を残したまま、二人のその後ではマジでこの
バカップルもといバカ夫婦なんとかしろwwみたいな。

まああれだけ騒がせたんだからそろそろ落ち着いてくれないと
周りも困っちゃうよね(笑)

コメントを残す