ビンのふたが開かない時に試してみた事。ザマーとか思った(笑)

瓶の硬いふた。
開けたいのに開かない…よくある話ですよね!

もうグギギギギギって力を入れているのに欠片も作用しないの。
なんなんですかーっもう!!(,,#゚Д゚)ゴルァ!!

と、ビンに怒鳴ったところでもちろん変わらず。
わかってる。

わかってるのよ・・・!
でもヒスりたくもなるんですよー。・゚・(ノД`)・゚・。

冬になると柚子茶とか楽しむ私はビンが身近になります。
そして一番いやなのが初めて瓶のふたを開ける時…!

飲みたい。
飲みたいのに・・・あかなーーーーーーーーーーい!!
なんなんですかーっ。・゚・(ノД`)・゚・。

咲月ミオ、大暴れです( ー`дー´)キリッ
まあそんな騒いだところでビンのふたは欠片も開きませんけどね。

ええ。
そんなある日…お店で見かけたのがこれ。

・・・お?
瓶のふたを開ける為のシート?
マジで?

滑り止め、かな。

シート本体は・・・うん、そんなに厚くもなく薄くもなく。
ちょっと頼りない感じはするんですけど…どうなの?

と、とりあえず。
柚子茶は大容量でちょっと難敵なので。

上と下で両挟み。
上からと下からそれぞれに捻って開けて見せよう…

結論としては・・・この巨大な瓶はあきませんでした(笑)
負けた…もともと私は握力が弱くて捻る力を入れにくいんですよ。

愛用の水筒もなかなか捻っても開かない毎日。
そんな私が初めて開けるビンの蓋を開けるのはなかなか難しい。

実際にもっと小さいサイズ。
手のひらにすっぽりサイズ…よくあるジャムとかのサイズはコレで開きます。

このでかさは圧力が強くて私には勝てなかった・・・。
初めて開けるビンの蓋がなかなか開かない理由は瓶のふたをセットした時に

瓶の中の空気が薄くて圧力が中にかかり普通に開ける以上に力が必要だから。
つまり瓶の中に少しでも空気が入れば実は簡単に開くんですよ。

で、私がやったのは写真に登場しているはさみ。

ええ、はさみ。
もちろん鋏で切るわけではない(笑)

ハサミを開くことなくそのままビンのふたをひっくり返し、

「ビンとふたのすき間に無理やり突っ込む」

差し込むと言いますか。
隙間に差し込んでビンとふたの間にちょっとでも空間を開けるべく、
テコの原理で外側に向けて力をかけると

クキュッ

という音と共に隙間が出来ることがわかります。
すると瓶のふたは簡単に開くのです。

中に空気が入っちゃったんで圧力が消えて回しやすくなる。
まあ瓶のふたは瓶の中の空気圧がきっついんでしょうね・・・

簡単に開けられる人すごーい
このうん十年間常に完敗の私です。

なのでたいていハサミが登場するんですが。
小さいビンに関してはこのシートでなんとかなりそう。

大物はちょっと難しかった(;゚Д゚)
でもこの手の大きい瓶はあまり出てこないので・・・柚子茶ぐらいかな。

一度開けたらしばらくその瓶で事足りるので。
しょっちゅう開ける頻度があがる小さいサイズの瓶はこのシートで十分。

たまに固いのははさみの参上ですわ・・・(笑)
瓶のふたは

瓶とふたの間に無理やりすき間を開けて空気を入れる。
はさみを差し込んでてこの原理で小さな力ですき間を開けるんですが。

力の入れ方・・・図解が必要ですかねぇ…今度写真撮りましょうか?
ちなみに私はヘアピンで開ける方法を教えてもらったのですが。

握力が弱いのでなかなかできず(笑)
ハサミだと持ち手がもともとついてるしサイズも大きいので・・・

ただ差し込むハサミの部分がピンより太いので入れるのが大変らしいんですが。
私は気にならない(笑)

これでビンに負けることはない…?

スポンサードリンク

コメントを残す