理想の布マスクを求めて…紐を調整できるタイプを買ってみた

使い捨てマスクがお店から消え、なかなか手に入らなくなった時期。
主流になったのは布マスク。

使い捨てマスクの生産が間に合うようになりお店で手に入るようになってからも
洗って繰り返し使える布マスクは人気ですね。

テレビの特集でマスクの機能としては不織布マスクが高い性能を誇っていました。
が、その分しんどい部分も多いのでその辺は使い分けかなと。

人が大勢集まる所なら不織布マスクの方が性能が高いとは思いますが、
どちみちマスクをつける事で咳やくしゃみのエチケットなら付ける事に意味があるかなと。

特にウォーキングがてら職場まで歩いているので不織布マスクだと息切れがすごい。
今の布マスクならそれより息継ぎが楽なんですよね。

そんなわけで日常使いならやはりしんどさの少ない布マスクが手放せない。
過去何度か布マスクを追加購入しましたが今回はその中の一つです。

最大の特徴としては・・・耳に引っ掛ける紐の部分の長さの調整ができる。
これです。

購入した時に紐の部分が目について買うことを決めたのですが。
ものすごい丁寧な梱包。

おお。
ビニールに個包装で入ってるのはよくありますが、その中に紙で包まれてる。

広げてみるとこんな感じです。
本体の口を覆う部分はふにょふにょですねー

こちらが表側かな。

で、私が購入を決めた理由がこちら!
わかります?

耳に引っ掛ける紐の部分に部品が付いてるの。
この部品を内側や外側にずらすことで耳に引っ掛ける部分の輪っかの
大きさの変更ができるんですねー

天才かm9っ`Д´) ビシッ!!

このマスクは使い捨てマスクが世の中に見当たらなくなって慌てて
初めて買い求めた布マスクなんですよ。

だからどういうのがいいのかわかんなくて・・・
後で分かった事なんですが他のマスクがきつくて・・・

耳に引っ掛けたらすでに痛いし息苦しいしどうにもこうにも。
ただ私のマスクの選択がそもそもおかしかった。

というのも不織布マスクを顔にセットすると…すっごいゆるい。
完全にゆるゆるでサイズの選択を間違ってた感じ。

でもその時には欠片も思ってなくてそんなものだと思ってた。
そうか、マスクとはきちっと顔に沿って密着するものであり、あそこまで緩くて
隙間があるものだとたぶん意味がないんだろう…いくら不織布マスクでもな

実際に効果を上げるつけ方とかテレビで話題になってたし。
つまり私の不織布マスクの付け方はすでにつけてる意味がないレベル(笑)

そんなわけで布マスクに切り替えた当初はしんどくてねー
今は慣れたww

今のマスクは割と快適だけどそれでも付けていないよりはしんどいわけで。
暑いしな。

これから真夏が怖い…冬はいいんだけど。
あったかいし(笑)

で。
今回の布マスクは他で買った布マスクの引っ掛ける部分のサイズが合わずに
付けてすぐに耳が痛くてどーしようもなくて。

私の顔がでかいのか…
まあ実際にはそれまでのマスクが緩すぎてそれに慣れてたからってのもある。
でも他の布マスクの耳に引っ掛ける部分はたぶん短い。

その為付けられなくて、耳に引っ掛ける部分って調整できないのかって。

それで見つけたマスク。
耳までの紐の長さは調整できるから問題ない。

それならばこのマスクを愛用しているのかというと実はしてない。
前述したかもしれないけど私はマスクをする生活をしてなくて苦手である。

たぶん他の人より圧迫を感じているかもしれない。
花粉症でもないし。

で。
この布マスクは二重になっていて内側がガーゼっぽいのが付いてるの。
たぶん触れた感じがいい感じになるようにだと思うけど。

しかしだな。
二重になっている事で呼吸するたびにこの内側の布が私の口に
貼りついたり離れたりを繰り返して非常にきつい。

今考えるとたぶん不織布マスク時代を引きづってたから緩かったのかもしれない。
なぜならひもが調整できるから。

ウォーキングがてら真剣に歩いているのでへばりつく布がうざい。
邪魔い。

耳が痛くないのは嬉しいけどこの二重構造のタイプは・・・無理だわ。
理想の布マスクに出会える日はいつの日か…とほほ

いやショップがこぞって布マスク出してたからね。
素人さんも作ってたしね。

可愛いしね。
物が多すぎて全部試すとか無理だしね!
いつの日か理想の布マスク求む。

という感じで布マスクを求める旅が始まるのであった…いやマジで。

スポンサードリンク


コメントを残す