スマホ台・・・スマホを支えるアームで痛めた肩を守りたい!

今は一応直っていると思いますが(完治はしてないと思う)咲月ミオは一時肩を痛めた。
肩が痛くで腕が上がらないのである。

ぐるぐるなんて回せない。
そもそもまっすぐ横に伸ばすこともできないし耳の横に腕を付けてまっすぐ上げるなんて
もってのほかである。

いたたたたってなって出来ないのである。
なんだろ、あれ。

四十肩とかそういうの?
ある日いきなり痛みに襲われたんだよね…ちなみに早めに病院に行って肩の稼働領域
広げておかないとある程度以上回復しないこともあるらしい。

ちなみに私は行ってない(;゚Д゚)
一番ひどかった時には本気で真横にすら上がらなかったので、
知らんくってひやひやしましたがとりあえず真上に手を上げることは出来ます。

そもそも本気で四十肩だったのかよくわかんないんだけど。
原因の一つはスマホの持ち杉。

そう。
私は当時、一日中スマホを持っていた。

理由は・・・本を読んでいたから。
スマホで本を読むのに座ってても寝ころんでてもスマホを持っていたのだ。

で、ある日激痛に見舞われたのでたぶんそのせい。
でも本が読みたいと思った私は…うっかりこんなものを買ったのである。

スマホスタンド。
その名の通りスマホを固定してくれるスタンドである。

以前のは小さめで可動域が狭かったのだがこちらはどっちかというと・・・
電気スタンドそのものである。

見た時電気スタンドキタ━━━(゚∀゚).━━━!!!と思ったのだが先端が違ってた(笑)
先端に明かりはなく、スマホをガッツリつかむバーが付いている。

ちなみにこの子は今も現役である。

そんなわけで箱から出しましょう。
まずは組み立てしなきゃなんないからね。

そんなにかさ張るものでもないけど箱には入らないからなー
部品はバラバラになってます…小さいのは。

メインの支える本体はつながってたけど。

これにあのサイズのスタンド入ってるのかしら…?
思ったより小さくない?

部品各種がぷちぷちにくるまっています。
傷がつかないようにカバーですね、はずしちゃうぞ。

何はなくても作り方。
設計図大事。

そんなに複雑でもなさそうです。
まあもともとこの手の組み立て好きなんで困りませんけど。

むしろ作りたい人ですので。

部品を各種ぷちぷちから出しましたよ。
上がアーム本体ですね。

右側がスマホを挟んで固定する部分。
左下が机や台に固定する金具です。

これに挟むのか…結構パワーあるけどスマホ大丈夫?

完成図。
とりあえず床に置いて写真をパチリ。

下の台に固定する金具を机にセットしました。
一時期寝ころんでみたかったのでベッド横の棚に設置しました。

ベッド周りにいい感じの挟める部分がなくて結局下に降りました。
ベッドはロフトなんですよね。

まあ寝転んでたら多分寝ます(笑)
スマホ持ち杉も肩や首に地味にダメージを与えるみたいなので、
補助としてはありだと思います。

左右に動きますし上下の角度調整もできます。
スマホ本体もしっかり固定できます。

前のよりこっちの方が現実的かな。
どう見ても電気スタンドだけど(笑)

可愛いのとかコンパクトとかいろいろあるけど結局スタンダードな形に落ち着く罠。
長く使うと結局そうなるのね。

スポンサードリンク


コメントを残す