強引上司の恋の手ほどきを読んだ感想【ネタバレあり】

ライトノベル「強引上司の恋の手ほどき」を読んだ感想です。
ネタバレありますので注意してください。

その他の咲月ミオのチェックしている本一覧はこちら

咲月ミオの読んだ本・持ってる本・気になってる本の記録。
感想を書いてるものはリンクを貼ってあります。

 ⇒咲月図書目録 ※別窓開きます

よくある○○が御曹司系?
同期だったり上司だったりいろいろありますが、今回は上司。

面倒見のいいだけどチャラいと評判の上司に
恋愛相談をする事になってしまった主人公。

というのも恋愛初心者の主人公が付き合ってた初彼が
まあラストにはその正体っつーかくそカスっぷりを

暴露されちゃうんだけど(´・ω・)(・ω・`)ネー
作者も気合を入れて屑に仕上げたらしいんですが。

うん、カスでしたww

あれはもうどんな粛清されても同情心欠片もなく
ザマーしか思わないわww

そしてヒーローかっこいい(笑)
まさに彼を引き立てるために登場したカス役ですな。

ある意味仕事を全うした彼は膝を折ってわんわん泣いてた。

マジで(・∀・)ニヤニヤしかしなかった。
いい仕事してたよ中村君。

速やかに警察にお縄になってくれたまえww
君はやっちゃいかん領域に手を出したからね。

言い訳なんていらないわ。

他によくあるカスみたいに主人公を貶めて退場するだけなら
さよならーですんだんだけど。

彼は悪事に手を染めてたからねぇ・・・それじゃあ
刑事告訴されてもしょーがないわww

元々主人公に近づいたのも彼女が経理担当だったから。
カス男くんは大阪から転勤してきたんだけど、
あっちでもだまくらかした経理担当に着服させてたらしいから。

それを主人公にもさせるつもりで近づいて上手くいかなくて

そりゃーそうでしょ。
あいつ彼女に対する思いやりがないもん。

そもそも好きだから付き合ってたんじゃなくて、
上手く落として自分の思う通り動かすのが目的。

だから表向きは優しくしていたけど、ちょっとでも
主人公が意に沿わない事をするとあからさまに不機嫌になるし、
強引に自分が思うように事を進めてくる。

了承すら取らないんですよ。

ご飯食べに行ってメニューすら聞くことなく自分が食べたいものを
二人分頼むとかマジでこいつ消えろ。

お前と同じ動きするとは限らねえだろ、カスが。
ああ、いかん。

怒りすぎて主人公らから離れてしまったww

主人公はね、それまで誰とも付き合ったことがなくて。
どうしたら恋愛ができるのか誰か教えて~みたいな状態で。

そこで中村君と付き合い始めてますますわかんなくなって
そこに手を差し伸べてくれたのがヒーローなんですけど。

もともとヒーローは主人公が気になっててその頃には
すでに好きだったのね。

ある意味略奪愛だったんだけど。
当て馬がカスじゃなかったら最低な方向に行っちゃうよな。

そこはほれ。
物語だからww

主人公とヒーローがくっつくのがお約束なので。
心残りもないぐらいにカスっぷりに仕上がってくれましたww

つーかなんでまた中村君の話なんだか。
ヒロインの目線で話が進んでいるのでヒーローは
余裕一杯の感じに映っていますが。

実はいっぱいいっぱいで悶々としていたようです。
つーかお前どんだけ主人公好きよ?みたいな。

主人公の前では余裕綽々のイジワル顔をしているんですけどね、
その実主人公に好かれたくて嫌われたくなくて。

誤解を招くいて主人公に走り去られた時の心情とか・・・
どんなのだったのかしらww

乙女か!!って感じの心境だったんじゃないかな(笑)

まあヒーローはその生まれが大会社の跡取りボンボンだったというのも
悩む理由だったんですけどね。

ほらやっぱ思うでしょ。
住む世界が違うとか(´・ω・)(・ω・`)ネー

諸事情でそういう自分の立場とか諸々を隠して
会社にいたもんだから。

それを知った後に彼女がどんな選択をするか。
もしかしたら自分から離れるかもしれない。

という怖さがあったんだろうけど。
彼女は選択してくれた。

彼と共にある未来を。
いやはやよかったね( *´艸`)

後日談は完全なるバカップルいやバカ夫婦になってますけどww

コメントを残す