読書感想まとめ10

ライトノベル感想を綴っています。
1ページにするには短かった物をまとめました。
ネタバレありなので注意してくださいね。

その他の咲月ミオのチェックしている本一覧はこちら

咲月ミオの読んだ本・持ってる本・気になってる本の記録。
感想を書いてるものはリンクを貼ってあります。

 ⇒咲月図書目録 ※別窓開きます

異世界に永久就職~聖なる力が強すぎて××スイッチが入りません!?~の感想

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

なんじゃーこりゃww
異世界召喚モノなんだけどなんか違う(笑)おかしい。
主人公がおかしい。つーかそもそも設定基準がおかしい。

主人公様この異世界に召喚される時に女神に強めの力をもらったんですが、
もらった聖なる力が相手の邪な気持ちをへし折ってしまい
下心を浄化する・・・うん、それはある意味諸刃の剣ね。

呼ばれた世界で生きることにした主人公様は婚活するもこの強すぎる
浄化の力のせいで婚活どころか不能になるという噂までたつ始末。

そんな中でそばにいる人が減っていき今ではたった一人きり。
その彼すら聖なる力でへし折られてしまうのであるが、それでも他と比べると
魔力が強いので護衛の任務が出来るのである。

虫よけほいほいみたい。
そんな主人公に近づくために彼が取った手段がものすごいっていうか、
おかしいだろう・・・それと思ったけど…読み進めてみればそんなオチ!?

あー、もともとの家系がそれなんかーいww
なんか主人公・・・聖女としての仕事…いやまあある意味してるのか。

奴をやる気にさせただけでも大盤振る舞いのお役立ちか!
それもどうなのwwと乾いた笑いが出てしまう短編小説です。

さらりと読めます。
彼にぶっ飛ばされてカベにめり込んでそうな若者は無事なんですかね?

 ⇒異世界に永久就職~聖なる力が強すぎて××スイッチが入りません!?~をチェックする

悪役令嬢ですが、家族の命だけは助けてください。の感想

いわゆる悪役令嬢転生ものだけど主人公がものすごくいい子で
自分はともかく家族だけは守りたい精神であれこれやってたら

婚約者の皇太子となんだかいい関係になりそのままいい感じに夫婦になる。
みたいな?

本来の物語では悪役令嬢として断罪された上に、家族や国まで犠牲になる。
隣国の皇太子の婚約者として国を渡った悪役令嬢は召喚された聖女と
皇太子が仲を深めて行くのに嫉妬してあれこれ画策し戻れない罪を働くのである。

だが、主人公はそんなことまっぴらごめん、大事なのは家族!
そして国民の幸せだったから隣国に嫁ぐまで自分が出来うることをした。

それをなぜか自分に会いに来た皇太子に気に入られて自覚のないままに
お互いがお互いに恋をするのである。うん、鈍感か。

いやまあ年齢で言うと青春の高校生だものね、子供だからね。
それでも子供だけれど国の為に何かしようとする皇太子と、
国の為に手を尽くしてきた王女が惹かれあうのは仕方ない事だと思います。

つーか呼ばれた聖女の女子高生がコッテコテの商売繁盛万歳な
大阪弁堪能女子だったのも面白かったわ。

かなりゆるい聖女の発動だったけど国は救われ国の為に犠牲になりそうな
主人公も聖女に救われあげくなぜか現代日本とその異世界を行き来できる

商売に勤める商人兼聖女のJKで良いのか疑問だがいいのだろう。
本人がしあわせそうだから(笑)

というわけでとても読み終わってほんわかした作品なのでした。

 ⇒悪役令嬢ですが、家族の命だけは助けてください。をチェックする

異世界で呪われ戦士になつかれちゃったみたいなんですけどの感想

えーと、これは異世界召喚というかなんというか。
誰かの意志とかではなくて世界の成り立ちの関係でとあるタイミングで
異世界に飛ばされる人がいるのよねって環境?

主人公もその一人でうっかり飛ばされて知らない場所に一人ぼっち。
その異世界でその世界の人なのに一人ぼっちの人がいた。

彼は主人公の世話を焼いてあれこれ教えてくれて帰り方も指導してくれた。
ただ彼はちょっと周りと何かが違っていて偉い人らしいのに

いつも一人ぼっち。
その理由を彼は十分に理解していてわかってて一人になってる。

そんな彼にとっては主人公は外の世界から来た
自分を知らない存在でだからこそ知らないゆえに接してくれるのが嬉しい。

だから主人公が事情を知った時にはそれがなくなることが悲しかった…
が、主人公にとってはそんな彼の事情は関係なかったのである(笑)

だよねーww
ぶっきらぼうで大雑把でそれでもあれこれ心を配ってくれる彼に
ごまかせない想いが生まれて・・・それでも帰る日が着て

ゴミカスが出た_| ̄|○

あーん。
なるほどなぁ…そういう役目な?

同じく20年前にこの世界に来て帰らない選択をした男。
自分で決めたくせに自分で選んだくせに

さすが屑人間は違います。
もうギッタギタのぼっこぽこにされたらいいと思います。

呪いと過去に苦しんでいた彼の事情を少しだけ
軽いものにした彼女を返したくなかった彼に別れを告げ

彼女は帰りそして戻る(笑)
そんな簡単なwww

まあ一度元の世界に戻っちゃってるんでそのままだと
悲恋になっちゃうのか?と思ってたら。

あー、戻る方法をそのままもう一回あの世界に移動するための
手段にしちゃったのか!!

なかなか無茶だな、主人公。
向こうの世界にも人はいるわけだし。

美容師の夢はあっちでもいいんじゃないかな。
なつくわんこもいる事だしね(笑)

いやあれは・・・素を出せばただのわんこ属性…

 ⇒異世界で呪われ戦士になつかれちゃったみたいなんですけどをチェックする

頑張った結果、周りとの勘違いが加速するのはどうしてでしょうか?の感想

こちらも私の好きな悪役令嬢転生系ラノベ。
悪役令嬢というか・・・王女ですけどね。

このままいくと訪れるだろう未来を夢として見て、
前世の記憶を思い出し、そして更生する。

極力物語と関わらず平和に生きようとすると、
周りの勘違いが加速して評価がウナギ登ったりするのは

もうお約束ですかね(笑)

主人公はわがままで傲慢で人の話を聞けない。
悪いのは自分ではなく他人だと言い募り、結果的に破滅する。

そんな最悪の終わりしかない悪役令嬢。
そんなものにはなりたくないと自分の印象操作に
励んできたけれど・・・なんかちょっと変な方向に(笑)

途中悪意のせいで悪い噂が残っていたけどそれを解決して
結果更生に成功したのである。

のだが。
主人公がうっかり罠にかかって攫われて・・・
ようやく戻ってから物語が動いた。

謎の眠気に襲われてそれがもう治る事のない不治の病。
進行すると命が消える。

第一王女としてこの国の為に生きると決めた彼女に
とっても大きく険しい試練だったが。

逆にその結果・・・彼女は一人の女性として
生きる事が出来たから。

それを選択させてあげられた父親は王様としては
間違ってるのかもしれないけど良かったなと思う。

だって彼女は努力してきたから。
周りの為に自分の為に。

自分の命を守るために努力を始めたからあんなに
自分に自信がなかったんだろうか。

ほら、何やっても結局保身のためだからってなると
いくら結果がよくてもそれで誰かが幸せになれても。

後ろめたいんだろうなぁ…

いやいや。
いいんだって。

保身だろうがなんだろうが。
そのせいで誰かを犠牲にしてるならいくらでも
自分を責めるべきだと思うけども。

そうしてないし。
自分も助かるし、他の人も嬉しい。

一石二鳥ヒャッハーでいいよ(笑)
でもそうならないのは本当に真面目なんだろうなぁ…

まあ悪役令嬢からのスタートだから。
その印象変えも大変だしね。

あのまま行くと彼女は国のトップになるかもしれないし。
そうすると無意識で好きな人とは結ばれない。

どちみちあのまま国のトップになる事は出来ないから、
父親は最後に彼女の為に一計を案じた。

そしてそのおかげで彼女はその人と一緒にいられる。
事情を知っている人しか彼女の事は知らないし、
バレたらまずいのでたぶん早々に親子は会えない。

それでも生きて幸せになってくれたらって
思ってるんだろうから…幸せになったらいいと思う。

ただちょっとヒーロー役が病んだな(笑)
わからなくもないが、ヤンデレ入ってませんか。

まあ彼女がいいならいいけどさ!
ただどこの世界でもそうだけど、誰もがいつどこで
いつ命が終わるかなんてわかんないんだから。

目一杯楽しんで生きて欲しいものです。

 ⇒頑張った結果、周りとの勘違いが加速するのはどうしてでしょうか?をチェックする

コメントを残す