新年明けましておめでとうございます。

っていうか、新年!?なんですでに新年になってんの!!
ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!

ちょっと油断しすぎた咲月ミオです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

いやもうあれこれ時間取られすぎた…_| ̄|○



スポンサードリンク


というわけで。
新年早々ではありますが、去年のこれ




続きを書こうと思います。
まあそういってもそんな大したネタではございませんので…

日記なのでただの日常の記録でございます。
まあ目を通している人がいるのかどうかも怪しいんですけどね(笑)

約一名様だけは見ていてくださると信じてる(笑)
続きが遅れて非常にさーせんでした(*- -)(*_ _)ペコリ


まさかここまで多忙の波にどんぶら飲まれるとは思いませんでしたが…
会社のシステムの入れ替えは個人のパソコンの入れ替えとかそういう
レベルではなく大ごとなんだというのは当たり前なんですが。

あまりにてめえがってなスケジュールを振ってきやがりまして・・・
ええ、まあ殺意の一つや二つや十や二十なんて安いもんですよね。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪




おっと零れ落ちそうになったブラックな気配は飲み込んでおくとして。
ごっくん。


続き参りましょ。



まずは結論から(笑)



うん、蓄膿症でした…_| ̄|○

いや…なんていうかまさかの蓄膿症とか思ってもみませんでした。
前回で書きましたひたすら咳が止まらないというこの症状。


もちろん風邪が発端になってはいるようなのですが。
ここまで重篤化していたのはどうやらこの蓄膿症様のしわざ・・・。


ちくしょう。
いやでもね。

思ってもみなかったんですよ。
止まらない原因蓄膿症がかかわってるなんて!


だって蓄膿症ってつまり鼻じゃない?
出るのはのどからなので…が、しかし。


忘れてはならない。
のどと鼻はつながっているのだ!
耳もだがなっ


これがすべてです…とほほ
ただね全く鼻水は出ませんでした。

よくよく考えるとこの症状の発端になった数年前の咳も、前回の症状も…そういや
鼻水は出てないんですよね。


でものどに何やら張り付いた感じの…つまりは痰がねっとりと・・・。

おえっ(;^ω^)
あの吐き出したいのに吐き出せずむしろ飲み込んじゃうというこの
私の不器用さ加減が時々本当にこんちくしょーでしたわ。

かーっ( ゚д゚)、ペッってできるおっさんすげーって本気で思いました(笑)
私できない。

何度もそのまま戻って行っちゃうの…。゚(゚´Д`゚)゚。


蓄膿症の症状に関しては臭いにおいがするとか会社の人なんかは年中無休で
鼻がぐずぐずしてましたしね・・・。

そういうもんだと思っていたので。
咳は出るけど鼻は通っていたので思ってもみませんでしたわ。


今回蓄膿症だと分かった理由は単純に症状が出始めたら重篤化するのが分かっていたので
早めの病院を心がけているこの頃。

しかし。
今までは風邪なら内科に行ってましたが、今回は初めて耳鼻科に行ったんですよ。


前回の私の風邪は職場の人が全滅しても風邪を移されることがなかった
妹様にも被害が及んでしまったので早めになんとかしたくて。

しかも二人とも咳がひどくてなかなか治らなかったから。
その時に妹様は耳鼻科に行って私より早めに治ったから

今回耳鼻科に行ってみたらとおすすめされたんですよ。


内科は確かに風邪をひいたら行くのですが。
耳鼻科と違うところは聴診器で胸の呼吸とか確認はするけど


鼻とかのどの奥とか耳とか見ませんからね



高校生の頃にアレルギー性鼻炎にかかっていた私は二年ばかり二日か三日に一度の
ペースで通って完治した過去がありますが。

それ以来用がないので耳鼻科に行ったことがない(笑)
つーかそもそも病気にならないので病院に行くことがない。


それがここ数年で急に病院に行ってもなかなか収まらない咳に悩まされ
ほとほと困っていたのですが。


まさかの蓄膿症ですよ…


たぶん数年前のきっかけから徐々にひどくなってたんじゃないかな。
それが積もり積もって今、普通の風邪を引くだけでひどくなる。


話によると鼻でも手前が炎症を起こすと鼻水が普通に出てくるらしいのですが。
奥のほうだとそのままのどに流れて行って痰になっちゃうらしい。

ここ数年…痰は出るのに鼻に来なかったので何か原因があったのかなぁ…(;’∀’)
その辺にも。


で。
久しぶりの耳鼻科。

うわー、めっちゃ多いってのは二回目から。
初回はあまりにしんどかったので会社の昼休憩三十分前に外出して病院へ。

平日のその頃はガラガラでした。
土曜日は二時間待ちますけどね(笑)


初回に見てもらって耳見て鼻に細長い管を差し込まれなんか吹きかけられたり。
口開けてからののどを見たりと。

あげく。
さっきまでの細長い管…の数倍長い管付きの何かを手に持ち


「それじゃあのどの奥見ますよ~♪」


あ、♪つけましたけど本当にそんなノリのしゃべり方の先生です。
ご様子面白いというか子供のおだて方が非常な天才的(笑)

ちなみに私はもともとおしゃべりさんなのでそんなのなくても勝手にしゃべります(笑)


話を戻して。
で、その管を鼻の奥まで通していくと鏡に口を映して見るのどとは違う角度で見れます。

先生のお見立てではのど自体は特に問題はない様子。
きれいなものだから…ほかに原因が?


と。


すると。

ある部分が何やら腫れている様子が…普通なら何の穴だか
真ん中に穴があってその周りはくぼんでいるらしいんですが。

私の場合はそこが腫れて隙間がなくなってたんですよね。
腫れが引くとその部分はくぼんで穴の周りは隙間があるはずなのに、

みっちり腫れた部分が埋め尽くしてるとか。
先生が言うには鼻から鼻水が流れてそこにたどり着き、

たまった鼻水が痰になる。
みっちり腫れているのはその辺が原因で炎症を起こしているらしい。

つまり炎症はだいぶひどそうだ・・・もっとあれこれ見ながら説明聞いたんですけど、


あまり覚えていません


いやあの、私の物忘れもひどいんですけどね(笑)
あの…鼻に管を通して中をカメラで見てるわけです。

鼻に管を通しているのって…地味に痛いんですよ?
説明しながらあれこれ聞いてきたり同意を得ようと返答を求めるの


やめれ


フガフガ返事するの痛いから大変なんだから(笑)
にこやかにご陽気な先生…実は容赦ないな…(;’∀’)


あれこれそれこれした後に椅子を倒され(美容院でシャンプーされるくらいの角度)
鼻に何やらぽとりぽとりと点眼されてから綿を詰められてレントゲン。


うーん、忙しい。
レントゲンを撮り終わると一度待合室で待って呼ばれてそこで


蓄膿症の事実


そう、ここでド―――(゚д゚)―――ン!とあきらかに!!

ちょ・・・マテ・・・蓄膿・・・ってあんた・・・( ゚д゚)マジ



いろんな意味で衝撃の瞬間でした。
職場にも二人ほどいるけど…まさか自分が…


ただ遠い昔に蓄膿症にかかると治らないって聞いてたんで
そういう方向でショックだったんですけど。


どうなん?
ただ蓄膿症になりかけっていうか・・・このままだと蓄膿症になるって言ってたのかな。
いやもうショックが大きすぎてあまり記憶が(笑)


物忘れじゃないんだからネッ!!


衝撃を受けている私はともかく、先生はさくさくと治療に取り掛かります。
まずはさっきのレントゲンの写真を見ながら解説。


本来は黒く映るはずの場所が白い靄が見えます。
これが蓄膿症の膿・・・

私の場合は鼻の中腹当たりの左右両方と・・・もう一つ。
両目の高さより少し上か下か・・・つまり鼻の真上の部分の袋状のところにも
影が見える。


鼻の中腹部分の両側は薬を飲むだけで治療できるらしいのですが、
この鼻の上部・・・目の中央部分にある場所には薬が効きにくいらしくて。


それを治療するためには点眼を直接入れることになりました。
またも座ってる椅子が倒されまして頭を下に下ろし、そこに直接点眼。


鼻がツーンとするのでフガフガいう(笑)
わたしが。

つまり鼻の奥に直接その点眼で薬を入れる感じですねー
これを朝と晩の一日にかい。


右がひどかったので右に三回、左に二回。
薬も基本的にアレルギーを抑える薬などなど。


うがい薬もあったし、飲み薬が一つあってそれだけ朝昼晩。
その他は朝かよる。

または寝る前。


次は土曜日に見せに来てねーってことで治療開始になりました。
まあ結局…年末本当にぎりぎりまで通ってたので…3週間ぐらいかかったかな。


まあアレルギー性鼻炎が年単位で通ってたのでそれが普通だと思ってたから・・・
思ったより早かったなと思った私の感覚はおかしいのか(笑)


おかしいかもなぁ・・・(;’∀’)
ちなみに現在はすでに完治との事で病院は卒業しています。

でももう懲りたんで次に風邪の症状が出たらなじみの巷でやぶと評判の内科ではなく
耳鼻科に行こうと決心しました!


・・・余談ですが、やぶと言われていますが私にとって子供のころからの行きつけです。
というか母曰くほかの病院の薬では全く改善がなくその病院の薬でけろっと治ったから。

という話。
それ以来学校も近かったので何かにつけて通ってました。
薬に関しては人によって効く効かないはあるし、ある程度試さないと合うかわかんないんで。

ただ薬ばっかり多くてどーのこーのという話なら否定はしません(笑)
まあ治ってたからいいんですけど。


風邪は内科…という固定観念からずっとよそに行ってませんでしたから・・・
さくさく見てもらってたらもっと早く蓄膿症が発覚して前回や今回の咳はなかったかもしれない。

そう思うと・・・ぐぎぎ感満載ですが。


まあ今回判明したので・・・次回から対応ができると思えば、
気づくための試練ということになりますかね。


それにしては非常につらかったけど(;^ω^)
夜寝られないのが一番しんどい。


というわけで風邪の陰に隠れていやがったのは蓄膿症でした。
妙に咳が出て止まらない。

鼻水はあまり出ないのに痰はずっと出る。
下手すると吐きそうになるほど咳が止まらない(私は発作のたびに出しましたが)

特に夜寝るのにベッドで横になると発作のように咳が止まらない。
これが一番つらいです。

内科に行ってもあまり改善されない場合はもしかしたらのどとつながっている鼻に
問題があるかもしれないのでぜひ耳鼻科の診察を受けてみてください。


普段風邪を全く引かないののに、私が蓄膿症のせいで咳がひどいので無駄に
風邪菌をバラまく羽目になり二回も続けて風邪を移した妹様もごめんね(;’∀’)