宿便解消や肥満対策に私が「イージーファイバー」を選んだ理由とは?

宿便肥満対策イージーファイバーを選んだ理由…それは?

イージーファイバーの食物繊維の種類です。
種類とはどういうこと?

[ad#ad-1]

食物繊維とは人の消化酵素により消化されない難消化性成分の総称のこと。
大きく分けて二種類存在します。

一つは不溶性食物繊維でもう一つは水溶性食物繊維
名前からして相反する感じですね。

不溶性食物繊維とはその名の通り水に溶けない性質を持ちます。
消化管内にてムクムクと大きくなり便の量を増やして排泄を促します。

腸の蠕動運動を活発にしてくれるんですね。
つまりここに便がありますよっ!と主張することで排泄のきっかけを作ってくれる、と。

逆に水溶性食物繊維はこちらは水分に溶けやすい性質があります。
水分保持能力が強く便に水分を蓄えてどろどろの粘りのある状態へ。

便秘が肥満を呼ぶ原因の一つになっているのは有名ですが、
この便が柔らかくなることってかなり意味があります。

便は腸の中を蠕動運動によって押し出されて肛門にたどり着きます。
しかし・・・便が固いとどうなるか。

この蠕動運動がうまく便に作用されずになかなか出てこない!

便が出てこないとその間ずっと腸内で便の水分がぎゅぎゅっと吸収され
せっかく蓄えた水分がからっからに。

するとですよ。
便が干からびて固くなってしまいます。

その便が肛門に降りてくるとどうなるか・・・。
これは経験者しかわからない苦しみですが。

固い便は下手すると肛門周りの柔らかい粘膜を傷つけます。
この行為がひどくなると…痔になります。

一回、二回なったぐらいならいいんですが・・・習慣化すると
痔が深刻化してひどいことになったりします。

私も…このパターンで二年ぐらい苦しみましたから。
痔になる前にぜひお尻にやさしい便を出しましょう。

あれ、本当に泣くほど辛いですから。

それなら、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維はどれぐらい摂るのがいいのか?
そう思いますよね。

そのバランスは

水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2

ふむふむ。
不溶性食物繊維は水溶性食物繊維の半分でいいのね!

そう楽観的に思った私ですが。
食物繊維といえばやはり野菜。

野菜は嫌いじゃないので何を摂ればいいのか調べてみると…

うん、身近な野菜ってことごとく不溶性食物繊維ばっかりじゃない!!
何この偏り感。

もちろん不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を併せ持ってる野菜も
いっぱいあるんですが…その割合がね…ダントツ不溶性多いんですよ。

わたしキャベツ好きなんですけど…水溶性0.4に対して不溶性食物繊維が1.4!
偏ってる(;’∀’)

このままだと黄金比を狙うのって難しいんじゃないかな。
自分の食生活を振り返ってそう感じた私。

そこで選んだのがこのイージーファイバーなんです。
昔はね、敬遠してたんですよ。

人口の何かだと思って…薬なのかなって。
いや、これ食品から作ったものだから薬とか人工物ってわけではないのか。

というか。
真剣に痔に悩んでいたので割とせっぱつまっていたというか。

便の状態改善に焦っていたので選択肢なんかありませんでしたし。
神頼みレベルで手に取ってみたんです。

そしたら。

私の場合ですが日々の野菜を摂る事をもちろん心がけていますが、
特に忙しくなると…メニュー云々を気に掛ける余裕がなくてですね。

そんな時に頼りにしちゃうのがこのイージーファイバーです。
手軽にぱっと摂れますし。

特に味もないし水分にさっと溶けるので例えば最近始めた温朝食!

朝のいっぱいのスープにさっと溶かして飲んでます。
一回分が小袋に分かれているのもすごく手軽です。

実際・・・排便が辛くて仕方なかったあのころ。
少しでも早く楽になりたかった。

今は本当に楽に排便できるのが幸せです。

もちろんイージーファイバーだけではなくいくつか併用して
快便対策をしています!

これでびっしりたまった宿便もきっちり排泄できちゃいますし。
ゆるやかに肥満対策も効果出てきました。

いや、本当にゆるやかなので、あとは気になる部分の筋肉刺激と
並行して頑張っていきます!

スポンサードリンク


コメントを残す