痔になった?病院に行くなら何科に行くべき?

実はは3人に1人がなるだろうといわれるぐらいには
発症率の高い病です。

そう。
遠い世界の病気ではなく、油断すればあっという間に
他人事ではなくなるぐらい身近なのです。

そんな実は近いけど遠いは実際に病院に行くなら
何科に行くべきなんでしょうか?

スポンサードリンク

お尻が痛い!
排便時に出血がある。

痛みがある、切れたり腫れたり・・・そんな時に
恥ずかしがらずに早めに病院で見てもらう。

これが早期完治の秘訣です(;´Д`)
実際に私も10日間なんとかならないかと右往左往したのですが、

もう痛みでどうにもならずに病院に駆け込みました。

もちろん一瞬で直るわけではないのですが、
それまでの苦痛が和らいだ瞬間のあの・・・幸せ。

我慢しても何もならない。

というか、病気で病院に行くのは別に恥ずかしいことではない。
まあこの辺は日本人特有の考え方といいますか・・・。

でも実際に痛くてつらいのは自分なので!
さっさと病院に行って先生の力を借りましょう。

それでは病院に行く決心を付けた所で。
どんな病院何科にいくべきか。

病院と一口で言ってもいろんな専門家がいます。

痔は肛門科に行きます。
大腸・肛門科という病院もありますね。

地域によっては女性の先生がいらっしゃる所もあります。

どうしても男性に混じって女性が待合室に待つのも
恥ずかしい・・・と言う方は探すのも手です。

少しでも病院に行く敷居を低くする為に!
ちなみに。

私は女性の先生がいる病院を受診しました。
が、その日は女性の先生は休みだったのです。

しかしあまりに辛いのでそんな事はもうどうでもよく。
なんとかして欲しくて半泣き状態でしたので(;´Д`)

ちなみに院長先生でした(笑)
おじーちゃん先生だったのもあって特に何も思いませんでした。

先生の質問にあれこれ答えて、ベッドに横になって受診。

まあ・・・お尻になにやら診察の為の棒みたいなのが
むにょ~っと走りこんできた時には

うにゃーーーーーっ(゚д゚)!

ってなりましたが(笑)
いやぁ・・・あれはびびりますww

病院に行くのが怖かったのは恥ずかしいのもありますが、
やっぱり診察時に触診する時に痛いんじゃないかって。

だって現在痛いのだから何かされたら痛いよね?
そんな感じに思っていたからです。

でも・・・全くそんな事はなかった。
何か突っ込まれたーーーーーって違和感はありましたが。

痛みはなかったです。
上手く力を抜けていたのと先生が上手かったのかと。

先生に診てもらった結果肛門周りが腫れていたこと。
あと出口付近の裂傷があるらしくて。

病院から出された薬は

・ヘモナーゼ配合錠
・マグミット錠
・ネリプロクト軟膏

この三つ。
ちなみに。

ヘモナーゼ配合錠は肛門部の血液の流れを改善し、
炎症を鎮める事により出血や痛み、腫れ、かゆみなど
和らげる為の薬。

マグミット錠は便を柔らかくして出しやすくする薬

ネリプロクト軟膏は肛門部の出血、痛み、腫れ、かゆみ
その手の症状を和らげる薬。

ヘモナーゼ錠と似てますが、飲み薬と軟膏なので
患部に直接塗る薬の違いがあります。

ちなみに。

私はこの手の注入軟膏を塗れた事がなく、
四苦八苦しながら成功したりたまに失敗したり(;´Д`)

とりあえずコツとしては診察の時と同じ姿勢で
力を抜いて少しずつ様子見ながら入れる事。

入ったかどうかがわからないよーと同僚に言ったら、
薬が入ってる部分と注入部分の境目。

薬が入ってる部分の入口を指で押さえれば
そこまで差し込めば中に入ってるって事だよーと。

あー、なるほどと思いましたがなかなか難しいです。
さっと出来はしませんが、それでも過去一度も出来たことがないので

ある意味これも進歩かと。

あとは地味に直るのを待つしかありませんが。
何はともあれ我慢しないでレッツ病院!ですぞ。

スポンサードリンク

コメントを残す