日焼けでぶつぶつができる!その原因と対策 日焼け止めの塗り方とは?


日差しがきつくなってきました・・・。

毎年の事ですが、目にまぶしいです。
そんな夏のキツイ日差し。

日焼けでぶつぶつができるのは私だけではないはず。
若い頃はそんなものならなかったのに、ある時期から
いきなりなったのです。

その原因日焼け対策の日焼け止め塗り方とは?

スポンサードリンク

日焼けでぶつぶつができてしまった・・・!
なんだかとてもかゆいんです。

それは・・・紫外線湿疹かもしれません。
もちろん病院で診断してもらうのが一番ですが。

日焼けでぶつぶつが出来る?その原因とは

日焼けでぶつぶつが出来て、それがひどくかゆいんです。
それまでそんなもの出た事がなかったものですから。

慌てて近くの薬局に行きました。
もちろん病院で診断を受けるのが一番ですが。

その頃はちょうど仕事が忙しくて、病院が受け付けてくれる
時間に帰る事ができなかったんですね。

せめて薬局にでも、と。
なにせ本気でかゆかったんですよ。

なぜそんな湿疹ができたのか・・・昔の話なので
はっきりとは思い出せないのですが。

確か初めて症状が出たのは・・・車を何時間か運転した
次の日ぐらいだったと思います。

休みの日に車を運転したその次の日の仕事中に、
何やらかゆいのに気づいてよく見たら腕がぶつぶつ
だらけになっていたのでした。

それはもう非常に焦りました。
ナニコレナニコレ何々なんなのこれ!!

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

いやもうかゆくてですね、どうしようもないんですよ。
でも掻き毟るとキズになりますし、バイ菌入ると化膿しますし。

ぐぎぎと我慢しながら混乱状態で薬局へ。
腕を見せて非常にかゆい事。

前日の行動などを話してみたのです。
すると・・・

( ゚д゚ )<これは・・・紫外線湿疹かもしれませんね
(´・ω・`)<紫外線・・湿疹?

実はこの紫外線湿疹とははっきりと原因がわかってないのです。
紫外線が当たる事による刺激の為と思われています。

この現代にもまだまだ判明してない事はあるんですね。
人の体って難しいです。

が、しかし。
体が複雑だろうとなんだろうととりあえずなんとかして!

ネットで調べてみると紫外線湿疹という呼び名ではなく
日光湿疹や日光過敏症や光過敏症や日光アレルギーともいうようです。

私の場合は日光を浴びてから数時間後に湿疹が出てきたので、
細かく分けると日光蕁麻疹になるのかもしれません。

日光湿疹は光を浴びて比較的早く症状が出ます。
私は半日ぐらいは経っていました。

忘れた頃にかゆくなったので紫外線が原因かもなんて
思い至らなかったのです・・・(;´Д`)

とりあえず太陽光線に含まれる過度な紫外線に刺激を受け、
日に当たった部分に発疹ができる。

それが一般的な紫外線湿疹です。
かゆいんで辛いんですよ・・・これ

紫外線湿疹の対応と対策とは?

紫外線湿疹になってしまったらもちろん病院に行くのが
一番です。

私は病院に行くどころではなかったのですが。

とりあえずかゆくてかゆくてかいてしまうので、
かゆみ止めも兼ねて薬局で薬を処方してもらいました。

もちろん塗ってすぐは当たり前にかゆいのですが。
一日ぐらいたつと治まっていました。

なるべくかかないように気をつけていましたが。

紫外線による湿疹は皮膚が日に当たることで、
刺激を受けてそれが発疹として表に出てきます。

日光に当たることで日焼けをしたのですから、
まずは冷やしてあげましょう。

日焼けはつまりはやけどと同意語みたいなものです。
まずは皮膚を冷やしてしまいましょう。

冷水のシャワーをかけたり、保冷剤があればタオルで
くるんで日焼けした部分に当てます。

その後保湿をしてあげましょう。
痛みが泣ければ普段使いの化粧品や乳液などを
たっぷりと塗ってしまいます。

痛みがあるなら炎症を起こしてるかもしれません。
速やかに病院に行く方が安全です。

ちなみに。

冷やせばいいのなら冷えピタとかはどうなのかなって
思いませんか?

シップなどはメントールが入っているので、
冷たく感じるだけなんですって。
実際に冷やしてるわけではないから意味がないらしい。

がっかり・・・。

まあそもそも傷口とかに貼るな、と書いてあったので。
日焼けがやけどの一種ならまず貼ってはだめですよね・・・

楽そうなのに(笑)

もし湿疹が出てしまったら副腎ステロイド治療薬や
免疫抑制薬などが有効です。

炎症を抑え赤くなってたりぶつぶつなどの
皮膚の表面に出てしまった症状を抑えてくれる効果があると
されているものです。

湿疹の何が問題かって、かゆくて掻き毟ってしまい
そこがキズになり化膿したりしてますますひどくなるからです。
かゆみを押さえる事でその危険がなくなります。

まあお時間がある人は皮膚科に行った方が安全です。
紫外線のパッチテストもされているところもあるようですよ。

日焼け止めの塗り方は?

紫外線で湿疹ができるというのはつまりは日焼けですから。
日焼け止めを塗るのは有効です。

私も途中からそれに気づき特に日差しが強い時には
きちんと塗ってから外に出ます。

ちなみに会社に行くのに夏でも長袖です(;´Д`)
暑いんですけどね。

かゆいよりはマシです。
それぐらいかゆいんですよ。

日焼け止めを塗ってはいますが、直接あたらないのが一番です。
ちなみに、うっかりすると長袖で油断して手のひらに
日光が当たり手のひらだけに湿疹が出たりする事も多々あります。

ぐぎぎ・・・

日焼け止め塗り方ってちょっと気になります。
それはファンデーションとかつけるので、もし途中で
化粧崩れとかになったら塗りなおすじゃないですか。

その場合全部やり直しだと時間がかかるし手間ですね。

ただ最近はUVカットの下地クリームとかファンデとかも
ありますので、それだけを塗りなおすのもいいです。

とにかく汗で流れたらこまめに塗りなおすことが大事。

重ね塗りよりも常に防御できている状態を
維持する事が大事です。

ますます紫外線は強くなっています。
肌を守る為にも日焼け対策は大事ですね。

まあだからこそ何でもかんでもUVカット成分が
含まれるようになったのかもしれませんが。

スポンサードリンク

コメントを残す