耳が痛い!を予防するマスクを引っ掛ける紐を買ってみた

新型コロナウイルスが猛威を振るうようになりいくばくか。
マスクをつける生活も当たり前になってきました…が!

普段マスクをつける事がほとんどなかった私にとっては・・・マスクをつける毎日は
地味に辛いものなのです。

その最大の理由は・・・マスクを引っ掛ける耳が痛いんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。
いや痛くない?

痛くないの?みなさーん!!
ちなみに次点は息苦しい事です(;゚Д゚)

それでも市販の使い捨てマスクの時には問題なかったんですよ。
ただ今思えばマスクのサイズがあってなくて、マスクと顔のすき間が多かったかも。

だからゆるくて耳が痛くなることもなかった。
飛沫防止にはなってなかったのでは・・・_| ̄|○

市販のマスクが売切れて手に入らなくなって移行した布マスク。
布マスクを何種類か買ったんですよ。

で、そのマスクがきつくってですね・・・私の顔がでかいのか?
と、思ったんですが。

いや一つは確実に耳に引っ掛けられなかったんですが(笑)
他は耳に引っ掛けられるけど耳が痛くて。

ただそれは今までの市販のマスクが緩すぎて耳を甘やかしまくった結果であって。
本来はこれぐらいのホールド感は普通なのか。

むしろこっちが当たり前なのか!
でもやはり耳が痛い。

痛いんですよ…とほほ
一日付けただけで無理ってなりました・・・さーせん。

で、ネットをあれこれ探して見つけたのがこれ。

わかりにくいですかね。
マスクを引っ掛ける「紐」です。

マスクの紐に引っ掛けて後ろに引っ張って支えるというものです。

耳に引っ掛けず首の後ろで支えるので耳は痛くありません。

私は耳の直下に通しています。
このパターンのデメリットはあれですね。

マスクがやや下に引っ張られるのでズレやすいです。
油断すると鼻が出ます(笑)

それでも冬マスクはどれもきつくて耳が痛くて辛かったので助かりました。
あの頃が第一次ピークでしたからね。

まあその後もピークがちょいちょい来ますけど。
もうこれ他の感染症と同じく折り合って生きていくしかないんでしょうね。

完全になくなりはしない気がします…インフルと同じく。
予防接種が確立して重症化しないようにして…みたいな感じになるのかな。

新型コロナウイルスだけじゃないですからね、感染症。
インフルエンザだって下手すると死者出ますしね。

ただ一応予防接種がありますからね…型が違うとかかるけど。
それでも重症化はしにくいという効果もありますし。

こんな感じでこれからも新たな何かが出て来ては折り合って生きていく方法を
模索していくんでしょうね…人類は。

しかしマスクつけっぱなし辛い。
通勤時間ひたすら20分歩いて会社に向かうのに息苦しいし(;゚Д゚)

ぼーっと歩ける日常が恋しいよう・・・_| ̄|○

あ、そうです。
このマスクを引っ掛ける紐ですが。
両端にマスクの紐を引っ掛ける部品が付いています。

私の買ったこの紐の部品は商品のパッケージ画像にもあるのですが。
市販のマスクによくある丸っとした紐。

私の買ったマスクは布マスクで紐の部分を折りたたんで縫い付けてあるので、
幅広なんですよね。

この紐はこの部品になかなか引っかかりにくいのでこのタイプのマスクで使うには
コツが必要です。

紐は平たく全部を部品に引っ掛けることは出来ないので外れやすい。
そこで縫い付けられている側・・・ちょっと太くなっているので。

その部分を部品の奥側に押し込むと外れにくいです。
その方法で私はこの紐を活用していました。

最初はひっかからずすぐに取れてしまうのでダメかなって思ったんですが。
よかったです( *´艸`)

スポンサードリンク

コメントを残す