本日の落書き。
あ、白黒書きなぐりのラフ画です。

真面目に仕上げるよりその時思いついたものをガガッと書く方が
楽しかったり思ったものがかけたり・・・するのは、たいていは
その後の処理・・・ペン入れたりするのが苦手だったりするからだけど(b´∀`)ネッ!


スポンサードリンク

今日の落書きは昔ザクザク書いてたオリジナルキャラクターの絵です。
いや、オリジナルじゃないと著作権云々で矢面に出せませんからね(笑)

もうこのブログには二次創作はないですよww
その辺はpixiv・・・に持っていくかどうかも微妙です←面倒になったらしい

まあそもそも大昔作品すぎて需要もないので供給しても(´・ω・)(・ω・`)ネー
みたいな?

でも頑張って書いた漫画あたりはアップしたい気がしなくもないけど(どっち!?)
その辺はともかく今回に限らずここにアップするのはオリジナルキャラのみです。




どうやらなにやら怒られて(´・ω・`)ショボーンとしているらしい




本気で設定が暗くて人間不信の大人不信のお子様。
それがあれこれあって軌道修正していく物語(笑)を書いてた・・・か?

当時一緒に遊んでいたお友達の持ちキャラ交えてあれこれ話を書いたので
今はもうその作品は封印してしまいましたが・・・自キャラだけなら
ここに置いてもいいかもしれませんが。


そのうち余裕ができたら現代版の沙月さんちでお話書きたいですねぇ・・・
ファンタジー版よりもきっと設定は軽いものになるでしょう。

ファンタジー版のこの子は本気でよく今まで生きてきてくれてありがとう
的なノリの設定ですからねぇ・・・(;・∀・)ほんとすまん

ちなみに櫂人さんの横・・・すみっこにいるワンコは彼のイメージです(笑)
不信時代を抜けた彼は完全に野良猫や野良犬から家猫・家犬になった感じ。

本とは素直な子どもなんです(笑)

拳人さんと沙月さん


こっちは櫂人と双子の拳人と沙月さんの二人。
ファンタジーワールドの二人なんですが。

お休みの日のとある日常って事で、いつものファンタジー感あふれる服装でなく
適当な日常着です(笑)

ええ、楽ですわ。
特に沙月さんは戦闘職の近距離ファイターさんですので。

ばりばりの金属製の装備品…だったかなぁ…?
元ネタにしてたゲームが終了したのがもう何年も前なので

忘れちゃいましたww

ちなみにシチュエーションとしては休みの日に部屋で本を読んでいた拳人さん。
そこにズカズカと乗り込んできた沙月さんは勝手に自分も読書をはじめ…

たはずなんですが。
すぐに飽きて文句を言う。

ええ、飽きっぽい人なんですわ(笑)
こらえ性がないんですね。

何せ私の性格が反映されているからネっ!
元々記事を書く時に誰かに向けて書く時の相手として生まれた子なんで。

私の話を聞いてくれて私の話を楽しんでくれて必要としてくれる趣味嗜好なので。
どうしても私の影響が出ちゃうんですよ。

違うのはそのナイスバディかな・・・_| ̄|○
ほっといてくれ(笑)

願望が出ちゃったんですよ、きっと。
;つД`)シクシク

今では登場人物総入れ替えされちゃいましたけど、メインブログでは彼女らが
咲月ミオというアバターの会話の相手をしてくれていました。

私のマシンガントークの共感相手として(笑)
恐ろしい。

オチもないのに爆走ですよ?

どっちだ?櫂人か拳人か・・・櫂人かな

たぶん・・・この横顔は櫂人さんの方かな。
拳人だともっと黒いはずだ(笑)

そういう子だから!!
まあ家族で兄弟とかだと性格の役割分担が出来上がるらしいですからね。
ほら、しっかり者とうっかり者とか・・・

あんぽんたんな姉と弟を反面教師にした妹様とかね(笑)

耳が見えるのはイメージです、イメージ(笑)

大事な事なので二回言いました。
イメージです(笑)

これはですね、ファンタジー小話設定の中で櫂人さんが小さな子供に
戻っちゃうってネタがありまして。

大人に構われている子供の図です。
耳はオプションです(笑)

イメージですって!
やめて。
そんな変態って目で見ないで(笑)マジで!!

というか、なんでそんな設定にしたんでという方向で櫂人さんの性格は
非常な複雑骨折ぶりが半端なくてですね。

矯正させるのが非常に大変でしたよ!!
まあ今もよく後ろ向きに爆走するネガティブ思考で暴走が日常ですけどね!

でも問題起こしてくれないとネタにならないんですよ(笑)

菓子で釣る

確か・・・これ小説もどきの挿絵として書いた絵?

というか、先に絵が出来てそこに小話つけた感じですかね
小説書くぞって乗りではなくて適当に1シーンを書いて・・・

ふと沸いた話を書くってパターンが多かったですからね、私。
まあつまり行き当たりばったり(笑)

ううむ・・・言い訳できんわー
これは確か子供帰りしちゃった櫂人さんがべそべそ泣いてたのを
なんとかしようと思った沙月さんが力業で何とかしようとした結果

菓子で釣る

という手を選んだという話。
自分が弱い手を使ったんですね(笑)

やったじゃーーーーーーーん!

えーと、たぶん拳人さんと沙月さんかな。

でもこれ書いた時には実は拳人さんはいなかったので
櫂人さんじゃないかなと思わなくもないんですが。

現在は櫂人と拳人は双子設定がありますので。
表情の役割分担からするとたぶんこれは拳人の方ですな。

出来なかったことができた事に自分の事のように喜んじゃう沙月さんです。
沙月さんは某ファンタジーワールドで傭兵の集団であるギルドのマスターですから、
団員のお世話…成長のお助けの同行もお仕事です。

というか楽しいの大好きなので一人で行くよりみんなで大暴れ派です。
まあ時々収拾がつかなくなりますけど←時々?

にやり

えーと、たぶん役割分担的には拳人さんだと思いますが。
たぶん描いた時には・・・以下略

まあでも櫂人さんも時々…ほんとに時々ですが悪い顔をする事もあります。
ただしそれはほんとの悪だくみではなく誰かの恋路のお手伝い的な事だったりしますが。

特に椎名さんと林檎さんのじれったいカップルの後押しの時によくやる表情です。
してやったり感?

普段はぼんやりしてますが。
真面目な顔して考えることは晩御飯何にしようって話。

役割分担的には北斗さんですがちびっこ櫂人さんです

えーと。
大きさから考えると弟の北斗さんと思われますが。
あくまでもそれは現実世界の彼らの設定であって。

なんでもありにしてもいいんじゃないかなってファンタジーでは
子供帰りした櫂人さんです。

彼は小さいころに一人ぼっちになってしまって大人が苦手だったので、
沙月さん家でお世話になった時に子供帰りしちゃったんですが。

小さい頃に与えてもらえなかった大人のあったかい大きな手を
これでもかーこれでもかーと頭をなで繰り回された結果これです(笑)

なついたんですな(笑)

スポンサードリンク