十二堂のおからクッキーは砂糖なしマーガリンなしバターなし卵なしのないない尽くし!

おからクッキーをあちこち買い集めていくばくか。

今回は十二堂おからクッキーです。
ここはマーガリンもバターも砂糖も卵も入ってない混ざけの少ないおからクッキー。

ここまで徹底してあれこれ抜いてるのは珍しいですよね。
というのもやはり美味しさの決め手になる要素というものがありますから。

その要素になるだろうバターやマーガリン、そして卵。
この手のを抜くという事はどうしても味ががたんと落ちるんですよね。

それをどう補うのかが・・・


逆に言えばもし十二堂おからクッキーがよそより美味しかったりすると
よそのおからクッキーの立場がなくなるわけですがね。

まあそれはまずは

不可能なのではないでしょうか(笑)

うん、正直に申しまして。
おからクッキーという物の意味というか意義といいますか。
そういうのを考えるとまずは体にいいという事が大前提です。

ダイエット効果とかね。
ここまで徹底的に美味しさの元を抜いちゃうとどうしてもそういうのを入れている
お店のおからクッキーと比べると味は落ちます。

当たり前田のクラッカー

あ、古い?(笑)
いやでもね魔法じゃないんで。

美味しくなる理由というかどうして美味しいのかには理由がある。
その味を作り上げるのに必要な味の物があるわけです。

それが足りなければどうしても不足分は物足りなくても仕方なくない?
そう。

当たり前なのです。
だけど、そこに目的がくっついてきたら?

美味しさが足りない事も正当な理由がある。
だって別の目的があるのだから。

味が落ちる分ヘルシーになっているとか、ダイエットをしたいとか
または体にいいものを食べたい。

どうせ食べるおやつなら美味しいものを取る人もいるでしょうし、
この十二堂のおからクッキーのように違う目的でおやつを選ぶ人はいる。

そう。
目的にあったおからクッキーを選ぶだけなんですよね。
このおからクッキーにはいろいろと美味しいおからクッキーの条件になる要素が
あれもこれも足りません。

他のおからクッキーはここまで削っていないです。
だからそっちの方がおいしい。

美味しいものを食べたいのなら他を選べばいい。
でも健康が気になるとかダイエット中だけどどうせ食べるなら体にいいものが。

などという理由があるならば十二堂のおからクッキーを選択肢に入れます。

なんてことを声を大にして言いまくってますけどね。
だからといってめがっさまずいわけではないんですよ。

美味しさのコクっていうか、深みといううまーい!!という決め手が欠ける。
欠けるかもしれないけど比べなければ普通におからクッキーです。


私は食べてまずいとは思いませんでしたしね。
私はあちこちのおからクッキーを試すのも好きなので、ここだけに限らず
あちこちのおからクッキーを渡り歩きました。

ただの趣味です(笑)
体にいい物とかそういう目的なら十二堂のおからクッキーは
味のバランス(美味しいと思えるラインは私はありだと思う)もよし。

でも何より自分で確かめないとわかりませんけどね。

お試しなんかもありますので自分で確かめてみてはいかがでしょう。
美味しいおからクッキーを求めるならはっきり言って別の商品お勧めします。

美味しさが第一の目的じゃないのならありです、あり。


十二堂おからクッキーの野菜。
様々なカラーは野菜です。

練りこんであるらしい。
けどよくわからない。

そこまであからさまではないけど特注のある野菜は割と
味がわかるので苦手な野菜がある人は避けましょう。

野菜を食べるよりは美味しいよ(笑)


十二堂おからクッキーの紅茶味。
わたしは・・・そういえば紅茶味の加工物が好きじゃなかったww

間違った選択。
でも人気の高い味なので買ってみたんです。


十二堂おからクッキーのココア味。
うん、正道な味の選択肢。

まず選ぶ。
間違いのない外れのない味だと思われます。

というかココアって味が強いので多少の味は隠しちゃうんですよね。
おからがあまり好きじゃない方なんかはわかりにくくておすすめです。


ゴマの風味が好きです。
十二堂のおからクッキー胡麻味。

いやなんつーかココアの次にゴマって好きなんですよ。


そして十二堂のおからクッキーの正道のなかの正道。
キングオブ。

プレーン味です。
普通。

おからが苦手な人は苦手な人もいるかもね。
バターとか砂糖とかそういうの使っているものよりは味はたんぱく。

でも思ってたよりは固くないです。
硬すぎるおからクッキーはあまり好きじゃないんですよね。

さくさく食べたい。
まああまりさくさくで美味いと食いすぎちゃいますけど(笑)

コメントを残す