電子書籍を購入する事にしました(;´∀`)

なぜなら…今年中に引っ越すからです・゚・(つД`)・゚・
あー、めんどくさいww

そもそも。
引越しの理由は、自己都合ではなく大家の都合です。

(・∀・)<家売るから出てってちょ♪

まあ、さすがにちょ♪とは言いませんが(笑)
元々、今借りている家は大家さんが元々住んでいた家。

隣の土地に新しく家を建てたんですね。
で、開いた家を貸し出した。

それを借りたのがσ(゚∀゚ )オレ
みたいな(笑)

まあ、いろんな意味で個性的な方ですよ~ええ。
時々グーパンチしてやろうかと思います(笑)

隣だから折り合いが合わなくなってから、
誰かが家を見てると思ったら大家でしたしww

警察に相談して後、それが発覚して

( 」゚Д゚)」オーイ!

みたいな(笑)

あまりに問題があったら相談してくださいねって言われたので
とても素敵な警察官でした(´∀`)

ありがとうございまーす

まあそんなオチはともかく。
そんな10年近く住んだ家を引越しする事になりました。

が。
引越しするに当たって、もう・・・本捨てる事にしました。
なぜなら

しまうところがないから(;´∀`)

一応六畳の部屋なんですけど。

私・・・物が多くてですね。
しまうところがなさそうなんです!

これでも三分の一まで本減らしたんですけど!!

このままだとちょっとしんどいので、
お気に入りの本も・・・ちょっぴりだけ残して捨てる事に。

ヘビロテなんだけど・・・本がA5サイズででかいからなぁ・・・
そして100巻越えてるからなぁ・・・両方

ちなみに。

・クッキングパパ
・美味しんぼ

ですww

どんなチョイス(笑)
好きなんですよー、なんでか。


特にクッキングパパなんて、一冊一冊が
続いてないんでさらりと読める。

まあ本の中のキャラの時間は流れているので、
始まった頃は小さな子供だったのが成人してたりしますけど。

そういう時間の流れは確かにありますが、
物語的にはそれぞれで完結しているので
別に順番に読まなくても平気なんですよね。

まあ読み込んでるのもありますけどww

美味しんぼもそこまで続き物って感じではないんですけど。
クッキングパパに比べたらやはり続き物って感じなので。

こっちは多少並べて読みます。
まあ面倒になると手元にあるもの読みますけどww


美味しんぼはね、一部はのけてあります。
それは文庫本!

確か40冊ぐらいでてたんですよ。
当初。

私が美味しんぼを買い始めた頃ですね。

今はその後も文庫は続刊しているようなので、
通常のサイズの本を処分して文庫本を買うか・・・

もしくは全部電子書籍にするか・・・。

ただ電子書籍は当然中古とかないので
定価で買う事になっちゃうんですよね・・・。

多分これから買うなら今まで買ってない
処分した一番巻数が高いやつの次から

電子書籍で買うかな…。

まああとは順次そろえていく感じですね。
本を買えば作者にお金が入りますし。

そのお金で本の作者も生活します。
まあさすがに一気に買うことはできませんけど(;・∀・)

一ヶ月一冊ずつぐらい買い集めたいかな~
だってよく読むから(笑)

でもね、一番好きなのはやっぱり本なんですよね。
本をめくるのが好き。

だが家の狭さには勝てんのじゃーっ
しょーがないのじゃー!!

まあ将来一人になったりしたら本の虫でもいいよね。
きっと!

ちなみに。

自分で電子書籍化するというしゅだんもありますが。
しません。

めんどくさがりだから(笑)

実際弟が裁断機とか必要な機器もってたけど、
箱から出すことすらしてませんでしたww

もらってもよかったけど自分もするか微妙だったのでww
今回の引越しで全て大型ゴミとして引き取ってもらいました。

ただ漫画本はわりと電子書籍化されてますけど、
物によっては電子書籍化されてない物も多いですからね。

その辺は本を買うしかないのでそっちを優先にしようと思います。
ちなみに今欲しいのがこれ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

居酒屋ぼったくり(6) [ 秋川滝美 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/10/2時点)




これの2~最新刊!

たまたま本屋で手に取ったんですよね。
実は最初漫画だと思ってたww

漫画のコーナーが隣だったから。
そしたら文字だったと(笑)

でも日ごろあまり文字を読まない私でも無理のない
さらりと読める作品でした。

あと登場人物がいい味出してますね。

私は好きです。
この続きを電子書籍で買いたいと思って探したんですけど。

なかったww


そう。

電子書籍化されてない本もあるって事です。
メジャーな漫画は大体あるので問題ないかと。

コメントを残す