ペイパルの名前表記の変更

ペイパルの登録の名前表記って・・・

漢字ですか?
それともローマ字ですか?

私は昔海外のリードメールの支払いを受け取るのにPayPalを開設した気がするので(笑)
実はずっとローマ字だったんですね。

いえ、そもそもペイパルは海外のサービスだから

スポンサードリンク

全員がローマ字表記なんだと思っていた!!!

のです・・・
違うんですね。

海外のサービスに使う場合はやはりローマ字なんですけど。
日本のサービスって当然書類の表記ローマ字じゃないですよね?

漢字ですよね。

ええ、漢字です。
漢字なんです。

つまり前回支払い制限の解除のためにペイパルへ提出した運転免許証の画像。

うん、あれ・・・
当たり前だけど・・・名前漢字なんだよね(笑)

でも私の登録名はローマ字なんです。

で、提出される書類と完全に一致しないとダメなんですね。
ローマ字をそのまま漢字にしたら同じなんだとわかるぐらいでも

ローマ字 と 漢字 は イコールではない!!

と、ペイパルさんに怒られてしまいます(笑)
いや、別に(#゚Д゚)ゴルァ!!と怒られるわけではないのでそこは心配なさらず。

てっきり郵送で書類が来ると思っていた私は、ある日ふとメールチェックしていたら

「追加書類提出について」

というメールがPayPalから届いていたのに気づきました。
すると、

この度は運転免許証をご提出いただき、誠にありがとうございました。

大変申し訳ございませんが、アカウントに登録いただいているお名前は
ローマ市表記となっておりまして、
ご提出いただいた運転免許証の言語表現方法とは異なっております。

これらは完全に一致する必要がございますので、恐れ入りますが
アカウントにご登録いただいているお名前を運転免許証通りに
ご変更いただけますでしょうか。

こんな内容のメールが届いたんですね。
つまり

提出してきた運転免許証の名前と
アカウントの名前の表記がちゃうやんけ!!
うああぁぁぁあん!ごめんなさーーーーい!!

という(笑)
実は住所もローマ字だったんですが。

住所はサイト上で変更ができて何かきっかけがあって変更してたので今回事なきを得ました。
あの時変更してなかったらもちろん

住所もちゃうやろうがぁ!!

と、怒られていたのかもしれません・・・
まさかそこまで厳しいとは思ってもみなかったというか。

感じで登録ができるとは思ってもみなかった。
感じじゃないといろいろ不便なんですよ。

特に支払いの確認をする時に、メールで申し込んだ名前と違うわけですし。

メールでは漢字。ペイパルからの通知はローマ字。

ペイパルでは累計支払い金額10万円を超えると本人確認がいるのですが。
これからも・・・あるのかなぁ・・・

よくわかりませんが(笑)
その時になったらわかるはず。

もしもそんな時のためにも
とっととアカウントの名前の表記は漢字で統一したほうがいい

ということですね。
さっさとしておけばよかった・・・。

ちなみに海外に対してやり取りをしている場合はローマ字を使います。
例えば、オークションとか!

一時期流行りましたよね。

海外のものを仕入れて国内で売る。
その場合のやりとりではローマ字の登録でやるみたいです。

私はやったことがないのでそこはよくわかりませんが。
ちなみに一度漢字にしてまたローマ字に戻す場合も手続きが必要です。

結構地味に面倒ですね(笑)

まあそれだけ法律が厳しくなってるんですね。
暴力団とかに資金が流れないようにとか規制が厳しくなりましたからね。

まあサービスを利用させてもう以上は、必要なルールは守らなければなりません。
そんなわけで特にローマ字でいる必要がなければ早めに漢字に直すのが吉です。

私のように・・・

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

とかになります(笑)

書類アップロードして肩の荷が下りたって油断していたらこれですから。
完全に終了するまで油断しちゃダメですね。

(;´д`)トホホ…

そんなわけで、ペイパルのアカウントの名前や住所の表記は本人確認の書類と同じ形式にしましょう。
漢字表記の書類を提出するつもりなら漢字の名前と住所で!

ローマ字が出せるならローマ字でいいですけど。

常日頃当たり前に使っていたPayPalだけに今回の失敗は非常にショックでした・・・
でも今回表記が違うという事実を知り変更する必要がわかったので次回からは大丈夫。

もうあわあわおろおろしません。
これに関しては!

スポンサードリンク

コメントを残す