いちごのへたの取り方 めざましで紹介されていた画期的な方法を図解で

先日・・・めざましテレビを見ていた時に特集で
自炊をする一人暮らしを始める方へって感じの

知っておくと便利だよねってちょい技が紹介されてました。
その中の一つ。

いちごへたの簡単な取り方を図解で説明。

いちごのへたはケーキなどに飾る時には取ったほうがいいです。

それはへたの間にごみが付いてるかもしれないから。
きちんと洗っても取れないことがあるのでとったほうがいいね。

スポンサードリンク

お店でへたが付いてるのはいちごの持ちをよくするためだそうです。
衛生的には取った方がいいんですけど。

その辺はお店の都合だからなぁ・・・あと緑があると見栄えもいいしね。
でもへたをちぎろうとすると芯が残ってしまいます。

くりぬくのもちょっとね・・・キレイに取れたら楽なのに。
そんなあなたに贈る簡単ないちごのへたの取り方。

紹介されていましたよ、めざましテレビで。
見逃した人のためにわかりやすく簡単図解でどうぞ。


まずはイチゴちゃんを用意しましょう


はい、まずはイチゴちゃんを用意してください。
赤くてみずみずしいおいしそうなイチゴ。




見るだけでじゅるり・・・おおっといけねぇ。
思わずぱっくんするところでした。

このイチゴ。
もう一つ用意するものは


「ストロー」


ええ、ストロー。

喫茶店とかでジュースを飲むと付いてるような普通のやつ
もちろん白い奴でもいいですが(笑)

とりあえずストローを一本用意してください(b´∀`)ネッ!
用意しました?


両手にそれぞれイチゴとストローを持ってください


イチゴとストローは用意できましたか?
それではさっそくへたを取ってしまいましょう

みずみずしいイチゴはさっさと美味しく食べるに限ります。
ここでもたもたしているわけには参りません( ゚д゚ )クワッ!!

さあ!!

このラブリーなイチゴちゃんを手にとり。
おもむろに下の部分からぶっ刺します(笑)




いちごのへたが付いている部分とは逆の下の部分から
ストローをぶっ刺します。

それだけ。

するとストローは上まで突き抜けてそのままへたをもぎ取ってしまうんですww

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!


テレビで実際に取ってましたが恐ろしく気持ちよく取れてましたww

吹きそうになりました(笑)
どうですか?

今日はいちごのへたを簡単に取る方法でした♪
他のお料理のコツはまた来週~(・∀・)←ありません

スポンサードリンク

コメントを残す