悪役は恋しちゃダメですか?2 腕利きシェフは「王家の至宝」!?を読んだ感想【ネタバレあり】

ライトノベル悪役は恋しちゃダメですか?2 腕利きシェフは「王家の至宝」!?」を読んだ感想です。
ネタバレありますので注意してください。

今回の本は「悪役は恋しちゃだめですか?」の二作目です。
ちなみに主人公は前作とは異なります。

主人公が悪役令嬢なのは同じなんですけどね。
そして転生者なのも一緒です。

前作はあれですね。
王子に嫁いで・・・ってやつですが、今回は主人公が王家の血を持つもの。
ただし微妙な異名があるっつーか。

ある意味伝説になってるっていうか。
出奔も致し方ないって王家が見ない振りしたらダメじゃねーかな?

たしか主人公のばーちゃん?
どんだけお転婆だったんじゃい。

あー、お転婆で済ませたらいかんか?いかんな。
元々は王家の姫だったのに好きな人と逃避行してしまったばーちゃん。

自分を棚に上げて自分の娘を金持ちと結婚させようとしていたら
娘も真実の愛に家を飛び出す、と。

うん、さすが親子。
で、不慮の事故により両親がいなくなり一人ぼっちの主人公は
優しい義父と義母に引き取られて食堂の調理人に・・・なんでじゃいその2。

いやぁ・・・主人公様は肉料理に特化した調理人になってしまい、
「肉乙女」という微妙な呼び名までついていたのでした。

王家の姫が肉乙女っていいんですかね。
いいんでしょうね。

納得するらしい。
というかそういうあれあれ?な所をフォローしちゃうぐらいには
主人公の御容姿はずば抜けており無駄に周りをチャームかけまくり。

いやそんな能力はないんですがね。
周りが勝手にぼろぼろおっこちただけだがな!

ある日のこと食堂で腕を振るっていた主人公を貴族が迎えに来た。
王家ではなく伯爵家だっけ?

その当主の頭がまたおかしくてな~これが貴族でしかも当主。
もう滅んだ方がいいんじゃないかなってぐらいちょっとおかしい。

それでも仕事はできるというさわりは話の終わりぐらいで出たからまあいいのか。

つーか主人公が絡んだ時だけ頭がおかしい(笑)
今回の主人公のお相手は未来の宰相ですね。

イケメン設定なんですけど。
なんか中身が非常に残念だった。

つーか乙女ゲームの転生ものなので、もちろん攻略対象がいます。
それらがななんつーかそろっておかしくて。

はっきり言おう。
これゲームだったら買わないわ(笑)

いらないこんな気持ち悪い攻略対象。
誰得だよ。

初めて読んだ時には一作目より好きだなと思ってた気がするんですが、
久しぶりに読んだら・・・いまいちでした。

いやヒロインとの確執もさらりとありましたが。
攻略対象や主人公の真の相手になるモブのお兄さんが残念過ぎて

ときめかないわー
主人公とヒーローのやり取りを中の人が(・∀・)ニヤニヤ見るのが
この手のお話のだいご味なんですが。

気持ち悪いし( ´Α`)ウゼーし(*´Д`)ハァハァしすぎて怖いしで
欠片も好きになれない。

何がよかったんだろう・・・。
主人公は面白かったんだけどなあ…もったいない。

主人公の義理の兄に恋する理由がわからない。
え?この人ときめく要素ある?

主人公に残念さが見えてないからか?
でも読み手もある程度Σ(゚∀゚ノ)ノキャーって要素がないと感情移入できんのだが。

このへたれが。
しか思わなかったよ(笑)

むしろお前他国に行った方がよくね?とか思ったよ攻略対象と
お兄さんよ。

あまりに残念過ぎて感情移入するすべがなかった。
暇がなかったww

あとせっかく肉乙女という残念感を出したのならその活躍がもっとあっても・・・
最初の義理の父母との食堂経営の時とラスト。

いつの間にか強くなって城の騎士もかなわないみたいな設定も
そういう具体的なやり取りとか

いくつか段階で肉を具体的に狩るエピソードがあって
最後にドラゴン行ったかーって終わりならよかったなぁ・・・

え?
主人公・・・そんなに強かったんだー
(´・∀・`)ヘー

今知ったー感がすごかった。
いやもしかしたら最後の流行り病のエピソードの手前にあったのかもしれない。

でも具体的にあれこれはなかったからさらっと免許皆伝よwみたいな
描写は合ったのかもしれないがそんな説明部分

よほど隅々まで読む人じゃないと読み飛ばされますね( *´艸`)
すまん、たぶんあったなら読み飛ばした…。

主人公とかキャラの動きのない物語の設定の説明部分って
ただの解説なので面白くなくて読み飛ばすんですよねー

目が滑るっていうか。
滑りました(;゚Д゚)

もっと巻数が増えてもいいので、主人公の肉乙女エピソードとか
へたれな兄さんの素敵な部分とかあってもいいのよ?

残念ながらこいつらやだーとしか・・・(笑)
むしろ前作の主人公のノリが面白かった。

彼女の話の時には彼女もだいぶへっぽこだったけど(笑)
奥さんになって落ち着いたのかしら。

だいぶ尻に敷いてる感がすごかったけど(笑)
それぐらいでいい。

ちなみに前作のヒーローもはっきり言って腹が立って嫌いです(笑)
主人公そんなガキポイ捨てして従者とくっつけ。

本気でそう思いましたからねえ…(ΦωΦ)フフフ…
まあ物語はもちろん山あり谷ありが必要なのでモメるのは当然なのですが、

そこに主人公の可愛さとか面白さとか一生懸命さとかの主張と共に
相手役のいいねーやるねぇ・・・やれやれひゅーひゅー

と、応援したくなる要素が欲しい。
ないんだなーこれが。

別れろ一択しかなかったからな(笑)
だって顔だけイケメンで中身救いようのないあほぅにどうときめけと?

ってなっちゃったんだもの。
いやこれはあれか、作者の趣味か。

それならば仕方ない。
好みが相いれないのは当たり前なのである。

普段へっぽこでもやるときはやる、ときめく~って部分の主張を
もっと激しく出してほしいと思った作品でした。

いや、これ女の子たちが面白すぎて野郎の存在価値がなくなったパターン?
やばいじゃん(笑)

コメントを残す