大麦工房ロアの大麦おからクッキーをお試ししてみた感想

大麦工房ロア 大麦おからクッキーパッケージ

大麦工房ロアといえばやはりダクワーズが有名です。
実は私はあまり食感の軽すぎる・・・いわゆるくちどけの良いお菓子はあまり好きじゃない。

最たるものはマカロンはめっちゃくちゃ苦手です
さりさりと砂糖を噛んでる気がして…いや気のせいかもしれんが

あまり好きになれずほぼ食べません。
で、ダクワーズは見た目からしてそれに近いかなって思って・・・苦手かもしれない。

そう思ったんですよね。
そんな私が目を付けたのがこの…クッキー。

大麦工房ロア大麦おからクッキーだったのでした!
ちなみに結論としては…ダクワーズにしよう(笑)

ですが。
その理由を語らせて頂きます!

大麦工房ロア 大麦おからクッキーがずらりと

というわけでド―――(゚д゚)―――ン!と大麦おからクッキーでございますよ!!
お試しの20個入りです。

タイミングが合えばお得価格で買える事もあります。
一番可能性が高いのはおおむぎ工房の直営店のメルマガですかね。

あ、マスクついてましたよ(笑)

一番ノーマルのプレーン味

で。
肝心のこの大麦クッキーの味。
食べてみた感想ですけども。

そもそも大麦おからクッキーに目を付けた理由は「おから」です。
ダイエットで他の普通のおからクッキーを食べていたことが何度かあります。

植物性たんぱく質を取りたかったんですよね。
イソフラボンが欲しかったんです、更年期回避に(笑)

まあ諸説ありますけど。
で、おおむぎ工房さんに巡り合った理由は大麦の効能が素晴らしかったから。

そこにそれまで積極的に取っていた大豆の力も併せ持ったら一石二鳥。
ほら、食べ物としても金銭的に言ってもあれもこれも食べるわけにはまいりませんでしょ?

1つで二つの欲しい栄養素がお菓子として気軽に食べられるのなら文句ない!
ないな。

まあこれは大容量有名メーカーと違って量産がきかない効果に拘った商品は
どうしてもそこにコストがかかり単価が上がります。

そして習慣として食べ続けるものって・・・続けることが大事です。
今日明日食べたら効果が続くわけじゃないからですね。

そういう意味では大麦工房ロアさんのお菓子は基本的にお高め。
でもそのほかにあれこれ取るのとここのお菓子を食べるのなら…ここでよくない?

実際に今は大麦工房ロアさんのお菓子しか買ってないし。
でもやはり長く続けるには少しでも低価格に抑えたいもの。

そこで目を付けたのがこの大麦おからクッキーだったのですわ。
大麦が取れるのはもとより同じく薬効があるおからがとれる。

たんぱく質にイソフラボン・・・一つで取れる。
まあ正しくは一回3枚なんですけどもww

もう一つの利点としてはダクワーズは大麦おからクッキーに比べるとサイズが大きい。
ちょっと小腹が…って時に一つ食べると違いますからねぇ…

推奨は1回3枚で5グラムの食物繊維が取れるといううたい文句。
この大麦おからクッキーは他のと比べて食物繊維が豊富なんですよ。

そこも売りかと。
個包装で一個が小さいのも魅力。

定期を一種類と他はその時気になったものを注文という感じにしようかなと思って
いろいろ試していたんですよね。

さくさくはしてない

で、大麦おからクッキーはその選択肢に入りませんでした。
というのも同じく大麦おからダクワーズが存在します。

最初はダクワーズの評価は最悪だったんですが(笑)←食べたことなかったし
今は慣れましたので。

糖質の吸収を抑える為に毎日朝に大麦のお菓子を食べているんですが。
そっちでよくないか、と。

厚すぎず薄すぎず

まあ一言で言うならばおからクッキーとしてはあまり好きじゃなかったんですね。
他のメーカーのただのおからクッキーの方が好きです。

めっちゃお気に入りのおからクッキーがあったからなぁ・・・
ああでもそこには大麦はないので。

当たり前ですが。
そういう意味では目的の本命の大麦を摂れることから離れちゃいますね。

朝一の糖質の上昇を抑える目的で食べる大麦商品としてはもう少し食べ応えのある
あんこものやダクワーズの方がいいかなって。

で、むしろこの小さめの大麦おからクッキーはおやつにするのがいいかも。
合間合間にふとお腹すいたなってなるし。

しかし実際に食べてみて…あまり好きじゃなかった。
ちなみに味は三種類。

ノーマルと紅茶と胡麻。
オカンには胡麻がものすごい人気でした。

選んで買えませんからねぇ・・・ww
私も一番ごまが好きかな。

紅茶はちょっと風味が強すぎてクッキー負けてないか?
ノーマルは・・・味そのそのものがあまり好きじゃないかも?

大豆のイソフラボンが一緒に摂れるって事でおからに目を付けたけど、
同じおからならダクワーズの方が食べやすい。

すまん、こっちの方がいろいろ調整も効くし長く持つんだけど。
これはもう好みの問題かなww

コメントを残す