落書きがたまってきたのでアップ。
今日の落書きはメインブログの新しいアバターキャラの絵柄をどうするか、
試行錯誤しているのが分かる感じです。

もちろんぱっと閃いてそのままそれでいいやって場合も多々あるんですが(笑)
悩むときだってたまにはあるんですよ・・・たいていその場の勢いだけどww


スポンサードリンク

まず初めの新アバターが生まれたもろもろの小話


先日メインブログのアバターキャラクターを一新しました。
その理由はもともと使っていたキャラクターの設定が

ファンタジーゲームの世界だったのでいろいろと不都合がある。

ということ。
私はそんなに切り替えの早い方ではありませんし、器用でもありません。
なので元々のゲームの世界に生きていた彼らを現実世界のキャラクターとして

自分の中で動かすにはしっかり設定を考えないとわからなくなってしまうのです。
もちろんあくまでもアフィリエイトの記事に登場するだけなので

会話記事や解説で適当にしゃべらせれば、話のメインは私の分身アバターですから
問題はないのかもしれません…けど、私がしっくりこなかったのでした。


しかもこのブログでそのファンタジー設定の彼らで1次創作・・・つまり
小説とか漫画を描きたいと思っているので。

ますますこんがらがってしまいます。

ほら、現実世界に魔物は出ませんし、傭兵業もそんなに普通じゃないですよね(笑)
もちろん治安の悪い場所ではそういう立場の方がいらっしゃるとは思いますが。

日本ではそれは通常にはちょっと遠いので想像するのは難しい。
まあ・・・あれです。


咲月ミオ咲月ミオ

わたくし・・・不器用ですから


みたいな。
なので、もういっそ全部キャラクターを入れ替えてしまえばいいのでは?
最初からこの現実世界を生きている設定の子たちを作っちゃえば

あれこれ考えなくてももともとこの現実の世界…つまり
今の日本の世界設定で朝起きてご飯食べて車とかJRとか自転車とか徒歩とか。

そんな風に当たり前に会社に行って働く。
そんな人たちを登場人物にしちゃえばいいんじゃないかと。

思い至って、全部一から考えるのは大変ですが、総入れ替え決行!!


思った以上に登場人物増えましたけど(笑)楽しかったです。
登場人物が咲月ミオが働いている会社で同じく働く同僚たちという設定なので、

実際に会社であった出来事なんかも彼らと会話形式にすれば
ネタにしやすいのもあります。


実際に彼らのモデルは職場の人を多用してますし(笑)
もちろんそのまんまではないんですが。

いじって別キャラにはなってますが、立ち位置はそのままのキャラになってたりして
会話形式の立場も決めやすくしています。


えーと、例えばこの子は職場ではいじられキャラだから、メインブログでも
会話でよく他のキャラ(というかわたし)に猛烈にいじられるとか。

別のキャラは私の同僚と同じ立場にしているから、性格が竹を割ったような
ドストレートで容赦なしとか(笑)


あれ?そのまんまじゃない?
いえ、きっと気のせいです。


まあある程度人数を増やして性格もバラバラですので、
時と場所によって会話に入りやすい人が出てくる感じにしています。

なので本当にそれぞれの性格はバラッバラです。
よくもまあここまでバラバラにしたもんだと思いまずか・・

職場にいい例がいましたので・・・助かりました(笑)
いや、決して彼らをこき下ろすために作ったわけではないので。

それならば本人をぶっ潰した方が絶対に楽し・・・いやなんでもないですよ?
(´∀`*)ウフフ

というわけで、私にとってはどこかで見たようでいて全くの別人(のハズ)の
職場の同僚たちという性格付けを与えられたキャラクター達です。


本来のブログの主旨である(よく忘れるけど)アフィリエイト何某の解説の手助けから
本当にあった職場あるある物語ネタのぶちかまし担当まで

様々な場面で登場してもらう予定ですので良ければ可愛がっていただけると。
一応主役は私の分身のアバターですので、それとやり取りすることを前提にすると

どうしてもどっか変わった子ばかりになったのは…偶然よね(笑)
そう信じてる。

とまあよくわからない言い訳はこの辺にして本日の落書きを見ていこう。
書いているときにはうひょーってなってるから冷静になると

しょっちゅう自分大丈夫か?

とか思うんですけどね(笑)

というわけでようやく落書きです(笑)


まあ前置きが長いのは今に始まったことじゃな・・・がふごほげは
反省だけならサルでもできる。

だからしません←おいww

一人勘違い男超省略編


これはメインブログの新キャラクターの一人ですね。
口だけ達者な勘違い男という立ち位置です。

いう事は一人前でも口だけで実行動には欠片も出ない。
まあ正直カス的立ち位置にあるので登場すると基本的にイラッとする
発言しかしないキャラクターですww

咲月ミオの殺意を常時生産する男(笑)
その首ギュッとやったろかと常に思っています( *´艸`)

勘違い男のキャラクターバージョン


前の勘違い男君を普通のキャラクターに書き起こしたものです。
いや、楽なので丸に点のキャラクターを全員書き起こしたのですが。

省略しすぎてキャラの区別がつかなくてww
人数を増やしすぎたのが敗因か・・・_| ̄|○

つい楽しくなってあれもこれも使いしちゃったんですよね。
まあでも主に会話に出てくるのは決まった子だと思うんですが。

私のスペック的に(;’∀’)

勘違い男全身ありバージョン


ひとつ前のキャラクター化した勘違い男の全身バージョン。
全身は全部入れるのが大変なんですけど(笑)

でも身振り手振りで表情が出やすいですから個性を出しやすいという利点も。

あとは例えば何かの解説とかレビュー記事の資料の画像に差し込むのも
全身なら入れやすいんですよね。

顔だけでと切れちゃいますからww
まあ結局は全身は自分の分身が複数パターンでいるからいいかなと(笑)

必要ならまた描くか・・・

ぷんすこ


激おこぷんぷん丸?
ちゃんと目を書き込む絵柄も好きなんですが・・・

というか私の本来の絵柄は7から8頭身であって
アバターという事であえてちびっこく書いているので・・・

どちみち難しいんですけどね(笑)
ほら、私・・・等身が高い美少女とか美少年とか美女とか美青年が

大好物ですし(笑)

ちびキャラにするとどれも一緒ですからww
解説系とかなら絵がメインじゃないのでポーズに融通が利く

こういう簡略型のキャラクターのほうが汎用が利くのよね。
まああとは書くのが楽(笑)

メインブログの分身下書き散乱


これは一枚の絵じゃなくて散乱したものなんですけど。
メインブログの私の分身の子ですね。

ちなみに私・・・お団子頭じゃありません(笑)
そもそも髪も短いですww

切っちゃったから。

でもそのたび変えてたら大変なので書くのがらくちんなお団子で固定。
残バラ髪は一本一本がバラバラになるので、髪の先端をどう描くのか

それで手間が変わります。
まあ髪を下ろしていても毛先をある程度まとめて書いて省略もできますが。
お団子ならつるっとひとまとまりですわ(笑)

ペンできゅっきゅと書いた省略咲月ミオ


タイトルが微妙に説明になってるんだかなってないんだか。

適当なマジックできゅっきゅと書いた咲月ミオのアバター案。
メインブログの他のキャラが四角で囲んだ形になったので合わせた方がいいかなと。

思ったんですが、全身入れ辛いので止めました←早

お怒りの咲月ミオ・・・横顔編


四角いアバターの案の一つ。
横顔を入れるの難しいなぁ…後ろ髪が入らない(笑)

私はこのサイズと決められるとどうにも大きめに書いてしまうので
例えば全身入れたかったのに足が入らないとかよくあります。

まあ先に決めておけって話ですが。
いきなりそのまま書いちゃうタイプなんで(笑)←動物的

会話形式では私の立ち位置は突っ込み側ですので。
このキャラの横のは

「すり潰すぞ」とかそんなセリフがつくのではないでしょうかww
咲月ミオというキャラクターは口が悪いらしい←キャラだけか?

ムンクの叫びごっこww


うん、たぶんムンクの叫び風に描きたかったんじゃないですかね。
ただ美術部に中学からずっといたわりに美術に興味がなかったので
(ひたすらマンガ書いてましたし)

ムンクの叫びが具体的にどんなのか思い浮かべろと言われてもわかりません。
その程度で適当に書きました(笑)

まあショックな事いっぱいあるよね、うん。
お弁当忘れて会社に行ったとかね←そんなレベル

おばちゃんつかれる。


いやもう体力お化けな子供たちとか。
ぴっちぴちの二十代・・・今が旬の三十代と比べると体力的にも精神的に

おばちゃんつかれるわけですわ。
これいつかいたんだろう。

たぶん仕事中だったはずなので仕事に飽きたのではないでしょうか(笑)
いきなり仕事中でも書き出しますのでww

いじられくんおびえる


メインブログのいじめられキャラ・・・もしくはいじられ担当の子。
モデルの子は別におびえてはいませんが、極力巻き込まれないように

ひっそりとしているんですが無駄骨となるタイプです。
でもああいうタイプは自分では全く面白くはないので、周りからいじられないと

煮ても焼いてもって感じヨ?←ひどい

いじられくん簡略バージョン


最初に考えてた感略バージョンのいじられくん。
まあまずは簡略バージョンをそれぞれ書いて、それをキャラに書き起こした。

そんな流れになってますね。
簡略でもそのキャラのイメージは自分の頭の中では立ち位置決まってるので。

ただそれを絵柄で表現するには簡略しすぎた。
目や口もいろんなものを表現しますからね。

大事なパーツなんです。

自由人そのいち


自由自在の同僚の分身。
この日記ブログではこの簡略タイプで統一していますので。

新たに家族のほかに同僚を入れました。
いや、私と妹様だけでは弱いかと思いまして。

発想が自由なおもしろ系なので花を飛ばしてみました(笑)

自由人そのに

もういっちょ自由人を。
今回は自由人を背景に入れて顔は一文字にしました

同僚の同ですね。
妹様は顔の部分に妹が入ってるのでそれに合わせた感じです

やはり花は舞っています

同僚キャラクターバージョン


同僚を今度はキャラクターバージョンに書き起こしてみました。
やはり目や口があった方がキャラクターの印象が変わるので。

あと髪型でもキャラクターの区別をつけられるので丸だけだとつらいww

まあ人数が少ないこのブログなら問題ないか。

花を散らすかわりに目を星にしてみました
色を付けると…あれどうするんだ?

ざーます系を目指した

口うるさく他人に厳しく自分に優しいざーます系キャラクター。
つんつんした感じを出すのにくちびるをいかにもな感じにww

髪もストレートにしてみました。
こういう髪にすれば細かい線必要ないですからね。

固いタイプにはいいんじゃないかなーと思います。
まああまり人受けのいいキャラにはならないと思いますけど(;’∀’)

最後に


相変わらず突発的にお絵かきを始めてしまう私ですが。
あれです、試験前にお絵かきしたくなったりお片付けしたくなったり。

そういう衝動に似ている。
つまり現実逃避である、と。

まあしばらく絵をかくのをやめていたので感覚を取り戻すのに時間が
めっちゃかかるのはわかってるんですが。

思ったように描けないのはやっぱりΩ\ζ°)チーンってなりますね(笑)
まあでも楽しく書ければそれでいいかなと思います。

スポンサードリンク