脊椎管狭窄症とはどんな病気なの?簡単にまとめてみた

脊椎管狭窄症腰部脊椎管狭窄症というのが正しいのかな。

腰部脊椎管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、
脊椎にある脊柱管という神経を囲んでいる管があるんですが、

この管が 狭窄 する整形外科疾患のこと。

スポンサードリンク

腰部脊椎管狭窄症の主な特徴は長距離を続けて歩くことが難しいこと。

主な症状として歩行と急速を繰り返す間歇性跛行があります。

安静にしているとほぼ症状は出ないのに、背筋を伸ばして歩く・立つ。
この時に太ももやひざから下に痺れや痛みが出て歩き辛くなる。

背筋を伸ばすと痛いので逆に少し前かがみになったり腰掛けると楽になります。
でもそれを繰り返すと姿勢は悪くなりそうですよね。

症状が進むと下肢の力が落ちる。
尿の出が悪くなったり、尿漏れを引き起こす事もあります。

原因としては加齢や、労働または背骨の影響で変形した椎間板と、
背骨や椎間間接から突出した骨などにより神経の圧迫が起こること。

脊柱管は背骨や椎間板、間接、黄色靭帯などで囲まれた脊髄の神経の通り道。
ぐるりと囲まれたトンネルといったらいいでしょうか。

そのトンネルが年をとることで骨が変形したり椎間板が膨らんだり
黄色靭帯が厚くなってしまい、その内側を通る脊椎管が狭くなる。

つまりこれが狭窄ですね。
その中を通る神経がそれらに圧迫。

神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症するという仕組みです。

椎間板ヘルニアとは違うのですが、脊柱管狭窄症は中高年に多いとか。
基本的に日常生活では姿勢を保つことが大事。

杖を突いて歩く、シルバーカーを押して腰を少しかがめると楽に歩けます。
背中をびしっとのばすと痛むので。

治療法としては

・リハビリテーション
・コルセット
・神経ブロック
・脊髄の神経の血行を良くする薬の投与

などなど。
しかしこれらで改善しない場合は手術をするという方法もあります。
歩行障害が日常生活にまで支障が出てくるようだとその方法をとる場合も。

あと両足に症状が出ている場合は改善することが少ないので手術という
手段をとる場合が多い。

昔よりも体に負担の少ない内視鏡の手術も行われているようです。

ばさーっとあけるよりも一部のほうがそれは楽ですよね。
手術はあとあともしんどいですから。

出来るだけ負担は軽いほうがありがたいです。

ちなみに腰部脊柱狭窄症になった芸能人は

桂歌丸さん(落語家)
みのもんたさん(司会者)
大山加奈さん(バレーボール選手)
橋本じゅんさん(俳優)
NAOKIさん(EXILEのダンサー)
天龍源一郎さん(プロレスラー)

最近では歌手の水前寺清子さんが手術を行われたようです。
早い回復をお祈りしております。

スポンサードリンク

コメントを残す