脳梗塞になりやすい季節があるんですよ

脳梗塞になりやすい季節があるんですよ

脳梗塞は今も昔も怖い病気です。


スポンサードリンク

脳の血管が詰まって酸素が滞り、最悪の場合は死にいたる。
そんな脳梗塞になりやすい季節が実はあるってご存知ですか?

私はてっきり寒い冬になりやすくなるんだと思ってました。
それが実は逆で暑い夏なんです。


その原因とは?

暑い夏。

汗をかく量が増えますね。
そうすると体内の水分が減り、血液が濃くなります。

そると血栓が出来やすくなるんですよ。
逆ですかΣ(´∀`;)


あ、もちろん冬も脳梗塞は増えます。

寒くなる事でも脳梗塞は発症しやすくなりますが、夏は水分の低下が
要因の大きな一つなので増えるんですね。

主に高血圧の人は寒さによって血圧が上昇しやすくなるので、
発症しやすくなるんです。


あと脳梗塞が起こりやすい時間というのも存在します。

それは睡眠時と明け方です。
寝ている間に起こられても(;´Д`)

ラクナ梗塞やアテローム血栓性脳梗塞が怒りやすいのがまさにその時間。

寝ている間にも水分は体外に排出されます。
冬だって汗としてじわじわと逃げていくんです。

そうすると体内の水分量が減り、血液が濃くなり血栓ができやすく・・・。

油断大敵か!!

また血液量が減ってくる事で血圧の低下、脳の血流量も減ります。
勢いが弱まって、血栓がつまりやすくなるんです。


血流量が多ければ無理やり流してしまう物もあるかもしれませんが。
血流が弱ければそのまま引っかかってしまう可能性は高くなりますね。


脳梗塞が起きるのを防ぐには寝る前にコップ一杯のお水を飲む。
それだけでも予防の手立てになりますよ。

まあ健康を心がけるのが一番必要ですが(;´∀`)
喫煙とか不健康な生活習慣も原因になるので。

この辺はどの病気も同じですね。
その上で予防して初めて効果が出るということですね。

スポンサードリンク

コメントを残す